中国国内の江沢民告訴運動 元党幹部も参加

中国国内の江沢民告訴運動 元党幹部も参加

中国では2015年5月以降、法輪功愛好者による江沢民告訴運動が広がっている。写真は2003年7月21日、世界各地の法輪功愛好者が米国ワシントンDCに集まりデモ行進を行った様子(大紀元)

中国では2015年5月以降、気功グループ、法輪功への弾圧を決定した江沢民に対する刑事告訴・告発運動が広がっている。法輪功情報を発信する「明慧ネット」によると、過去3年間約20万人の法輪功愛好者やその家族が、中国の最高人民法院(最高裁)および最高人民検察院(最高検)に、江沢民への刑事責任追及を求める告訴・告発状を送った。なかには、中国当局の元高官や地方政府の元幹部がいる。

習近平国家主席は2013年以降、「虎もハエもたたく」とのスローガンを掲げ、大物幹部や末端組織の役人まで地位を問わずに腐敗・汚職撲滅運動を展開してきた。その実行部隊は党中央規律検査委員会(中規委)である。

法輪功愛好者の王友群さんは、中国人民大学で法学博士を取得した後、1994年から99年法輪功弾圧開始前まで、中規委監察部や法規室などで勤務していた。また、同時期に、尉健行・元中央政治局常務委員兼中規委書記のスピーチライターも務めていた。

中央政府機関の高官として「不正蓄財、収賄、性的賄賂を受けるなどの機会はいくらでもあった」と話した王さんは、95年から法輪功の学習者となってから、不道徳なことを自制するようになったという。

99年7月20日、江沢民が法輪功学習者に対して弾圧政策を始めた。王さんは拘束され、中規委による4カ月に及ぶ取り調べを受けた。中規委は取り調べで、法輪功を修煉していること以外に、王さんには規律違反や違法行為がないとの結論を付けた。しかし、その後王さんに対して党籍はく奪処分を行い、退職を強いた。

これ以来、警察当局は王さんへの監視・尾行を強化した。当局の圧力で、王さんは長い間、再就職できなかった。08年7月1日、王さんはメディアでの掲載に向けて、江沢民による法輪功弾圧政策を批判する公開書簡を郵送した。その10日後に当局に拘束された。09年10月、当局は王さんに対して5年の懲役刑を言い渡した。王さんは13年に釈放された。

当局による夫への迫害で王さんの妻も精神的に重圧を背負った。この影響で夫婦は10年に離婚した。

王さんは15年1月に米国に亡命した。同年6月に、最高検の曹建明・検察長あてに、江沢民が主導した弾圧によって不当判決と迫害を受けたとして、告訴状を送った。

地方の教育現場にいた元党幹部も15年6月、最高裁と最高検に江沢民の告訴状を提出した。

江蘇省南京市にある江蘇教育学院(現在、江蘇第二師範学院)の党規律検査委員会書記を務めていた朱鶴飛さんは1996年から法輪功を学び始めた。当時朱さんは40代で、いくつかの病を患っていた。

99年7月20日以降、江蘇省政府は中央当局の法輪功弾圧政策に従い、省内すべての幹部に対して、法輪功問題で立場を明確するよう要求した。朱さんは上司に対して、中央当局の弾圧政策によって将来、中国社会に大きな打撃をもたらすと話して、自身も法輪功の修煉を続けると言った。その直後、朱さんは免職された。

朱さんは、15年6月告発状を提出するまで、当局による身柄拘束、懲役刑、拷問、資産の没収、洗脳などを複数回経験した。なかには、収容中数日間に睡眠を許されなかったという拷問も受けた。また、南京市精神病院に連行され、正体不明の薬の服用を強要された。

朱さんは告訴状のなかで、「省政府から各末端組織の幹部まで、実に皆は、法輪功学習者が善良な市民だとわかっている。上層部からの圧力を受けた彼らは保身のために、仕方なく迫害に関与した」「元凶の江沢民を法的に裁くべき時が来た」とした。

河南省済源市物資局の元局長、原勝軍さんの母は15年7月7日、最高検宛てに江沢民の弾圧政策で、息子が警察当局に暴行死されたことで、告発状を送った。

法輪功愛好者の原さんは05年10月7日、地元の裁判所に6年の懲役刑を言い渡された。しかしその約2週間後の10月25日、原さんは42歳の若さで急死した。

母親の張玉平さんによると、10月26日原さんの妻が原さんの遺体と対面した際、遺体のあちこちに暴行されたあざや傷があった。

張さんは「息子は、悪徳警官らに殺された。理由はただ息子が法輪功学習者だから」と悲しんだ。

息子の死後10数年間、地元当局は依然として、張さん一家に対する監視、盗聴、尾行を続けている。

一方、中国習近平政権は15年5月1日、「依法治国」(法によって国を治める)の下に、「新行政訴訟法」を施行した。

同法の実施で、習当局は「有案必立、有訴必理(法的基礎条件を満たしたすべての訴訟や申し立てについて、裁判所が受理しなければならない)」と強調した。その後、この法律に基づき、中国の法輪功学習者による江沢民告訴は急増した。

(翻訳編集・張哲)

関連記事(外部サイト)