息子を亡くしてから分かった「最も大切な10のこと」

息子を亡くしてから分かった「最も大切な10のこと」

リチャード・プリングルさんと息子のヒューイくん(Richard Pringle/Facebook)

親にとって、子供を失うことほど辛い出来事はありません。幼い息子を亡くしたリチャード・プリングルさん(Richard Pringle)がFacebookに文章をつづり、多くの人たちの共感を呼んでいます。

リチャードさんが長男のヒューイくん(Hughie)を脳出血で失ったのは2016年の8月。突然の出来事に、家族は悲しみに暮れていました。ヒューイくんは愛情深く、優しい性格だったと話すリチャードさん。彼は息子を亡くしてから一年後、ふと思い浮かべた「父親として学んだこと」をノートに書き留めました。

プリングルさんがFacebookにメッセージを掲載すると、多くの感謝や励ましのコメントが寄せられました。

「私も、もっとこういうことをやらなければ。泣けてきました」

「10歳の双子に、これを読んであげました。二人とも泣いてしまいました!」

あなたの家族の勇気、強さ、愛が、多くの人を助けているはず」

人間は、大事なものを失ってから、初めてその尊さに気づくことがあります。プリングルさんの言葉は、多くの子を持つ親たちを勇気づけることでしょう。

(郭丹丹)

関連記事(外部サイト)