ママ知ってる?子供の身長を伸ばしてあげるためのメソッド

ママ知ってる?子供の身長を伸ばしてあげるためのメソッド

(Photo by Keystone/Getty Images)

身長が人間の価値を決定付けるわけではありませんが、我が子の身長についてお悩みのママは多いことでしょう。

今回は「子供の身長を伸ばしてあげる方法」についてご紹介します。

子供の身長が特に伸びやすい時期は、男子が13歳前後、女子が11歳前後です。

その時期の1年間で伸びる身長は男子が約10cm、女子が約8cmにもなります。

この時期に集中して身長を伸ばす手伝いをしてあげることが大切です。

バランスのいい食事が身長を伸ばす為に大切なのは言うまでもありません。

偏食やダイエットは成長を阻害する要因となるので、注意が必要となります。

特に避けたいのは人工甘味料、「スクラロース」です。

甲状腺の働きを阻害するため、できれば与えないことが好ましいでしょう。

身長を伸ばすためには、成長ホルモンの材料になる「アルギニン」というアミノ酸が効果的です。

アルギニンを含む食材は、大豆(納豆や豆腐、湯葉、豆乳)、肉類(豚ゼラチンが優秀)、エビやマグロなどとなります。

ただし、これらの食材だけをたくさん食べればよいわけではありません。

毎日バランスよく食べることが大事なので、他の食材と上手く合わせて、栄養に欠けのない献立を考えてあげましょう。

適度な運動は身長を伸ばすためにも効果的です。

運動後30分以内に摂取したタンパク質は成長ホルモンになりやすいので、スポーツの後には何か食べさせてあげられれば最良でしょう。

しかし激しい運動のしすぎは逆に身長の伸びを止めてしまうことがあります。

成長に使うはずだったエネルギーが、激しい運動で疲労した身体の修復に充てられてしまうからです。

やりすぎには注意してあげましょう。

また、睡眠の質と量も成長には欠かすことができません。

運動はもちろん、お風呂でしっかりお湯に浸かることでも、睡眠の質を上げることができます。

自律神経を狂わせるブルーライトは睡眠と成長を妨げる一因です。

スマホ・ゲームの使用はお風呂前までにさせたいですね。

子供の身長を伸ばすためには、親が手をかけてやらなければならない点も多いですが、時には子供自身にも我慢が必要となります。

もし子供自身も背を伸ばしたいと熱心になってくれたならば、いろいろとやりやすくなるでしょう。

親子二人三脚で大切な成長期を上手に乗り越えたいですね。

大紀元ウェブ編集部

関連記事(外部サイト)