女性に肺癌が多発? 肺を強くする4種の食べ物

女性に肺癌が多発? 肺を強くする4種の食べ物

肺癌から体を守る食物 ビタミンAを多く含むサツマイモの葉(shutterstock)

多くの女性は喫煙しなくても肺癌を患います。キッチンの煙のある環境や、遺伝、受動喫煙なども肺癌のリスクを高める要因とされています。台湾国民健康署の統計によると、2016年肺癌にかかった人は前年より402人多くなり、そのうち401人が女性でした。

台湾国泰健康管理の陳皇光医師によると、肺癌の初期症状はあまり明らかではなく、せき、ぜんそく、喀血、胸が塞がるような症状が出ると、腫瘍はすでに悪化しているか根治できないほど拡散しており、最適な治療時期を逃すと治療率が低くなります。

肺癌には非小細胞肺がんと小細胞肺がんの2種類がありますが、非小細胞肺がんでよく見られるのは腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんです。台湾国民健康署の統計にとると、腺がんは肺癌のトップを占めており、女性及び喫煙しない人にも多発します。平均100人の女性の肺癌患者のうち86人が腺がんです。

肺癌の早期検査は肺癌の予防、治療に役たちま。何かあやしいと思ったら油断せずに検査を受けましょう。

専門家は日常の飲食を通して肺機能を強化することができると指摘しています。ビタミンAが多く含まれている野菜や果物は肺の上皮細胞を保護し、肺の粘膜のダメージを治します。抗酸化作用のあるビタミンC、E及びOmega-3は、体をラジカルの侵害から守り、免疫力を高めます。

サツマイモの葉、ホウレンソウ、ニンジン、ピーマン、カボチャ、トウモロコシ、ボケなど

ほとんどの新鮮な野菜や果物の中にはビタミンCが含まれています。普段よく見られるビタミンCが多い食物はオレンジ、ミカン、レモン、キウィ、トマト、グアバなどです。

濃い緑の野菜にビタミンEが多く含まれています。また、植物油、堅果、豆類、全粒穀物もビタミンEを多く含む食物です。

サーモン、サバ、マグロなどの魚類にはOmega-3が含まれています。また、オリーブ・オイル、アマの種、クルミなどからも摂取できます。

そのほかに水分を取ることも重要です。毎日最低2000mlの水を飲むことをおすすめします。水をたくさん取ると水溶性毒成分が体外に排出されやすくなり、ガンを引き起こす毒物が体内に止まる機会が減らされます。

(翻訳・編集 唐玉)

関連記事(外部サイト)