香港、台湾への移住者増加 自由失う懸念

香港、台湾への移住者増加 自由失う懸念

香港で展開されている「逃亡犯条例」改正案反対デモを支持する台湾の市民(SAM YEH/AFP/Getty Images)

香港で、じわりじわりと失われる民主主義と自由世界。最近、台湾へ移住する香港市民が増えているという。台湾内務省入国管理局のデータによると、マカオと香港からの移民が、2014年は697人だったが、2018年には1267人に達した。

「香港の民主は段階的に侵食されている。多くの抗議活動に参加した大学生たちは、台湾、英国、日本に移住したいと話している」と、台湾に住む香港出身の大学生はこのほど、衛星放送新唐人テレビの取材に応えた。

1997年の香港返還時、イギリスは香港の自治権を守るために、中国本土の管理に置きながら自治権を持つ「1国2制度」を50年間の期限付きで設けた。

それから二十数年過ぎたが、香港市民は中国共産党による政治、教育、報道、社会に対する大幅な浸食を目の当たりにしてきた。

6月16日、200万人という過去最大規模の抗議デモに参加した、香港市民のYung Xiu Kwanさん(67)は「自由と民主主義がなければ、強制収容所や刑務所に入れられているのと同じだ。自由がないことは、死に等しい」とロイター通信の取材で述べた。

30歳の陳さんは、中国共産党による香港の自由に対する侵害は非常に早いという。「描いていた平和な家庭に、盗賊が乗り込んできたよう。家から離れざるを得なくなっている。盗賊に立ち向かう術がない」と述べた。

「私は来年妻と共に、台湾に移り住むだろう」16日のデモに参加した20代後半のメルビン・チュウさんはロイター通信に述べた。「香港の事態は悪化している。私たちは、次世代のことを心配している」

32歳の鄭忠孟(Cheng Chun-man、音訳)さんは、「台湾は香港にとって民主主義の灯台だ。香港人に希望を与えている」

(編集・佐渡道世)

関連記事(外部サイト)