テレビを見ながらの寝落ち 健康上のリスクとは?

テレビを見ながらの寝落ち 健康上のリスクとは?

The light of a television or smartphone can disrupt your sleep and contribute to conditions ranging from depression to obesity. (Milkovasa/Shutterstock)

あなたが毎晩テレビでニュースやドラマの最新エピソードとともに眠りにおちるなら、あなたの健康に害があるかもしれません。新しい分析ではベッドにおける夜間のテレビ視聴に関する危険を示しています。

番組内容やテレビ受像機自体が害になることはありません。概日リズム(体内時計)を崩す夜間の光曝露から問題は生じます。部屋にテレビがなくても、夜になって、ベッドの前にタブレット、コンピューター、またはスマートフォンを使用している場合、または日光の明るい光がたくさん当たる場所で寝ている場合は、同じ問題が発生する可能性があります。

JAMA Internal Medicineに発表された新しい研究では、テレビや光のある部屋で眠っていた女性は、暗闇で眠っていた女性と比較して、5年間で少なくとも11ポンド(約5kg)体重が増えた可能性が高いことがわかりました。また、肥満になる可能性が30%高くなりました。

体の概日リズムである睡眠、覚醒サイクルは、自然界の明暗サイクルによって決まります。特定の種類の光を夜遅くに浴びないかわりに、暗い場所でも眠らなければ、あなたの体のリズムは狂います。あなたの天然の体内時計は、メラトニンやコルチゾールなどのホルモン、代謝、血圧などを制御します。健康な概日リズムは健康全般にとって重要であり、健康的なライフスタイルの柱です(食事と運動と共に)。

睡眠 - 覚醒サイクルが中断されると、体重増加、高血圧、肥満、糖尿病、不安、精神的な混濁、および憂鬱につながる可能性があります。

眠ることはあなたの全体的な健康に重大な影響を及ぼします。あなたの寝室からTVを取り出す(またはあなたがワンルームアパートに住んでいるなら、より早く消す)そして遮光ブラインドを購入することは、体が望む遮光状態を提供します。睡眠の質は幸福に欠かせないので、睡眠を改善するためにこれらの簡単なステップをとることで、健康的な生活を送ることができるのです。

大紀元日本ウェブ編集部

関連記事(外部サイト)