心臓発作、実は1ヶ月前から予兆 「6つの警告」を見逃すな

心臓発作の1カ月前から関節や筋肉痛、ひどい頭痛、喉の痛み、鼻づまりなどの予兆も 

記事まとめ

  • 心臓発作は、実際に発作が起きる一か月前にその予兆が分かり、発作は予防できるらしい
  • 心臓発作が起きるおよそひと月前に、関節や筋肉痛、ひどい頭痛を感じることがあるそう
  • 激しい疲れ、体力の消耗、呼吸に異変、めまい、冷や汗なども前触れかもしれないという

心臓発作、実は1ヶ月前から予兆 「6つの警告」を見逃すな

心臓発作、実は1ヶ月前から予兆 「6つの警告」を見逃すな

(Illustration - Shutterstock)

心臓発作は、実際に発作が起きる一か月前にその予兆が分かることをご存じでしょうか。発作は予防できるのです。

アメリカ疾病対策予防センターによると、米国では毎年79万人が心臓発作にかかっています。差し迫っている心臓発作の予兆が分かれば、あなたもあなたの愛する人たちも、予期せぬ死から救われるのです。予兆の察知が早ければ早いほど、生存率は上がります。兆候は人によって異なり、それほど重いものには感じません。救急車を呼んでもいいのです。だって、兆候が間違いだったらそれに越したことはないのですから。もし以下の予兆を感じたら、すぐに病院で受診してくださいね。

ちょっと買い物に出たり、階段を上ったりしたときに突然疲労を感じたら、見過ごしてはいけません。疲労や衰弱は、動脈が細くなって血液の循環が滞ることによって起こることがあります。

圧迫感、緊張、動悸は、胸、背中、顎、腕などの痛み同様、看過できません。血液の供給が抑制されているサインだからです。小さな痛みでも原因不明の場合は、検査しましょう。

息切れを感じたら、血液の流れが滞っているかもしれません。肺の中で新鮮な酸素に変わる二酸化炭素が不足していて、息切れを引き起こします。日常生活で呼吸に異変を感じたら、心臓発作を疑ってみてください。

激しい疲れや体力の消耗を感じたら、心臓発作の前触れかもしれません。心臓発作の最初の兆候として、極端な疲れを感じることがあります。

めまいと冷や汗は、脳に栄養を送る血液の滞留が原因かもしれません。すぐに診察を受けましょう。

心臓発作が起きるときは、およそひと月前に、関節や筋肉痛、ひどい頭痛、喉の痛み、鼻づまりを感じることがあります。これらの風邪に似た症状は、体が血液の流れを改善するために戦っていることを示しています。そのままにせずに、医者の診察を受けましょう。

免責条項:当記事は、情報の提供を目的にするものであり、専門医の助言に代わるものではありません。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)