旅行先で9割のカップルが喧嘩 気になる三大キッカケとは

旅行先で9割のカップルが喧嘩 気になる三大キッカケとは

Pixabay(Ryan McGuire)

いつものデートより距離が近くなる、恋人同士二人きりでの旅行イベント。最初は楽しみにしていたはずなのに、いつの間にか喧嘩になってしまって大失敗、なんて経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。二人きりの旅行をしたカップルの9割が「旅行先で喧嘩になった」というデータもあるほどですが、喧嘩のきっかけはなんなのでしょう。

大好きな人と二人きりの旅行だからこそ、楽しい思い出をたくさん作りたい。そう思ってしまうのは当然のことでしょうが、かといって欲張ってしまうのは危険でしょう。詰め詰めに計画を立てた結果、すべてを順調にこなすことができず、現地で喧嘩のきっかけとなってしまうことも多いのです。

カップルのどちらかに計画を丸投げしてしまうのも、もちろん大問題でしょう。役割分担のつもりでも、残念な結果になってしまった時お互いフォローが非常に難しくなってしまうのです。

旅行先では何事もうまくいくとは限らないものです。渋滞、天候、待ち時間等々、思いがけないアクシデントが待ち受けているのは当たり前といって差し支えないでしょう。そんな時、カップルのどちらか片方だけでもイライラが顔に出てしまうと、雰囲気は一転して最悪になってしまいます。

二人きりの旅行は普段のお付き合いとは違い、一度距離を置いてから頭を冷ますという手段が取れません。密着状態が続くからこそ、いつも以上に相手の悪い面も見えてきてしまうのです。

男性にありがちなNG返答ナンバーワンは「なんでもいいよ」の一言です。彼からすれば、旅行の一番の目的は大事な彼女が満足することなのかもしれません。

しかしこの返答は裏目に出がちなので控えたほうが吉です。「この人は何も考えてくれない、私との旅行に興味がない」と彼女の怒りに触れてしまうかもしれません。

旅行先でカップルが喧嘩してしまう三大キッカケ、いかがでしたでしょうか。大切なのはトラブルを避けることではなく、トラブルに直面したとき互いにどうフォローしあって乗り越えるかの一点です。納得し合って計画を立て、楽しい思い出のために一緒に努力をすることこそが大切といえます。これはカップルが長続きするために必要なことでもあるでしょう。旅行で失敗知らずのカップルならば、安定した長いお付き合いができるはずですよ。

(大紀元ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)