専門家しか知らない飛行機の秘密

専門家しか知らない飛行機の秘密

Pixabay(Jan Va?ek)

ジェット旅客機はおよそ2、3年に一度雷に打たれる。私達が思っている頻度より高いが、アルミニウムで作られた飛行機の外殻は良好な導電性を持つように設計されているため、過度に心配する必要はない。

窓側の席に座ると空を眺めることができる。これは乗客にとって嬉しいことであるのみならず、キャプテンも喜んでそれを利用する。万が一機翼或いはエンジンに問題が発生したら、窓から肉眼で観察することが最も早く状況を把握することができる。よって、これらの最高の席は通常乗務員により印を付けられている。

飛行機で生まれた赤ちゃんの国籍を判断する方法はいくつかある。もし飛行機が無国籍の減少に関する条約(convention on reduction of statelessness)の署名国からきた場合、赤ちゃんは飛行機が登録された国の国籍を有する。もし飛行機の離陸した国が同条約に署名してなければ、赤ちゃんは生まれる時の領空の所属する国の国籍を有する。例えば、アメリカの領空で生まれた場合、アメリカ国籍を有する。しかし一部の国はアメリカのように属地主義ではないため、赤ちゃんの国籍は両親のどちらかの国籍から選択できる。

キャビン内のライトを暗くするのは、緊急状況発生時、旅客が迅速に暗い環境に適応し、かつ緊急出口のマークが更に目立つようにさせるためである。同時に飛行機の外の状況がはっきり見えるようになる。飛行機は離陸と着陸の際にライトを暗くするのも同様な道理からである。