車につながれたまま走行され、命を落とした母犬

車につながれたまま走行され、命を落とした母犬

(L: Illustration - Getty Images, R: Illustration - Shutterstock)

イギリスで、道端でフレンチブルドッグの母犬が遺体で発見されたという衝撃的な出来事がありました。動物虐待の末、命を落とした母犬は車の後ろに紐で体を括り付けられ、足が折れて走れなくなるまで車を走行させられ、死亡したということでした。

マクドナルド警部補は、この出来事にショックを受けました。「まだ若い母親犬でした。とても怖かったでしょうに」と話してくれました。

2019年6月の中旬、犬は体に長いワイヤーが取り付けられたままで朝6時半に、路上で発見されました。その犬はおよそ2歳とみられ、車で引きずられ続けて死亡したとみられています。

マクドナルド警部補は、この犬が最近出産したということをメディアに発表しました。

「足の皮膚も一部欠損が見られます。なので、車が走っているのと同時に同じスピードで走ろうとしていたのだと思います。そして途中でついていけなってしまったのでしょう。本当に野蛮で非情な行為です」とマクドナルド警部補。

その犬が走れなくなったとき、首輪が頭の上の方まで上がってきているのを見ると、首輪が取れずにずっと車に引きずられていたことが分かります。

当局は、この悲惨な事件に関わっている人物を見つけ出すために捜査を実施しています。地元の動物保護団体も色々な情報を公開し、情報提供を呼び掛けています。

死亡した犬にはマイクロチップが埋め込まれていました。しかし、不幸なことに詳細がアップデートされておらず飼い主は見つかっていません。

犯人を見つける手掛かりになるため、マクドナルド警部補は地元の住民でこの時の様子を目撃した人がいれば名乗り出てほしいと話しています。この暴力的なニュースはとてもショックでしたが、このニュースを知って動物虐待の犯罪が減ってほしいとマクドナルド警部補は願っています。

またマクドナルド警部補はこの犬の飼い主を見つけるために全力を尽くしているとのことです。「この犬に関して何か知っている方はぜひ情報を提供してほしいです」

このような悲惨な虐待はいかなる理由があっても、あってはならないことです。この犬が車に引きずられていた時の苦痛は想像を絶しますが、地元の人々の協力などにより、犯人が見つかり正当な裁きを受けることをみんなが願っています。

(大紀元ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)