ベーコンは焼く? それとも炒める?

ベーコンは焼く? それとも炒める?

(Illustration - Shutterstock)

フライパンで焼くベーコンの香りは、おいしい朝食を連想させてくれますよね。挽きたてのコーヒーと一緒なら、最高の一日が始まるでしょう。

でも、ちょっと待って。もしオーブンでベーコンを焼いたらどうでしょうか? この朝食の定番について、調理のコツをお伝えします。

ベーコンの調理法といえば、パッケージを開けて、ベーコンをフライパンに入れて、火を入れるだけ。でも、オーブンを使えば脂っこくない最高のかりかりベーコンが出来上がるのです。

オーブンで調理するメリットの一つに、ベーコンが均一に焼けて、フライパンのように焼きムラが残らないということがあります。

もう一つのメリットですが、天板に油が飛び散ることも手が汚れることもありません。ベストな焼き方は? 冷めたオーブンで焼くとおいしく仕上がるとのこと。余熱不要なんて、簡単でしょう?

お望みのかりかりの度合いにもよりますが、204度に熱したオーブンで12〜15分焼きます。オーブンに入れっぱなしでよいので、焼けるまでの間にコーヒーをいれたり、好きなことができます。

オーブンを204度にセットしたら、ペーパータオルを天板に一面に敷いておくと、油が吸収されて煙が立たなくなります。時間も手間もかかりませんよね。

ベーコンはどれも同じではありません。食料品店に並んでいるベーコンの種類やブランドをすべて理解するのは大変ですが、買うときにごく簡単なことを頭に入れておけば大丈夫です。

燻煙液やコーンシロップなどの食品添加物を含むものは買わないこと。このような添加物が記載されていたら、多くの場合、ベーコンの品質をごまかすために加えられているのです。

誰もが大好きなベーコンには、添加物を加えてほしくありません。ベーコンが、ヒッコリー(北米産クルミ科の木)やりんご、サクランボなどの果実の木のような天然の木で燻製されているかを確認してみましょう。本物の香りが味わえますよ!

今では、消費者はオンラインショッピングでベーコン専門のサイトにアクセスできますし、そうした店では廉価で良質なものが売られています。自分が買ったベーコンの産地や製造過程を知ることもできるでしょう。

まだよく分からない? では、ご家族と一緒にブラインドテストはいかがでしょうか。お子さんも楽しめますし、どれが最高のベーコンかご自身で確かめてみてください!

(大紀元ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)