手足失った退役軍人の新たな挑戦 「同じ境遇の人を励ます番だ」

手足失った退役軍人の新たな挑戦 「同じ境遇の人を励ます番だ」

(写真提供:SSG Travis Mills)

トラビス・ミルズの25回目の誕生日の目覚めは人生を変えるほどの衝撃を与えるものでした。彼はアフガニスタンでの爆弾の爆破で4つの四肢をすべて失って、ドイツの軍病院にいました。

2012年4月10日、ミルズはバックパックを隠された状態の爆発物の上に置いてしまいました。「爆弾は私の右腕と右足を吹き飛ばしたんだ。生きられるとは思わなかったよ」と彼は言う。

さらに続けて、ミルズは残りの二つの手足を失い、再び歩けるようになるのは悲観的でした。

彼はメリーランド州ベセスダのウォルター・リード米軍医療センターで19ヶ月間、ストイックにリハビリに取り組んでいた。ミルズの体は回復してきて、また彼の心は明るいままでした。「娘と一緒に歩き方を覚える父親なんてそんな多くない。でも私は一緒に覚えたんだ」

ミルズの娘クロエは当時6ヶ月でした。愛する家族に励まされて、ミルズは予想に反して並外れの回復力を見せました。義足を使って歩くことを習得して、彼の心はすぐに新しい挑戦へと向かいました。

当時32歳のミルズはトラビス・ミルズ財団を2014年に設立しました。自分自身の体験や驚くべき回復をした経験を踏まえて、けがを負った退役軍人たちに自分自身の力で成功を勝ち取る手助けをするために立ち上げました。でも、ただ単に退役軍人だけのことを考えていたのではありません。

退役軍人の家族のことも考えていました。「けがを負った退役軍人たちだけのものではない。一緒に戦ってきた妻や子どもたちのものでもある」

トラビスと彼の妻ケルシーは、彼らのプロジェクトを実行できるようにマインのベルグレード湖の近くにある老朽化した建物を入札しました。建物は16部屋あり、化粧品のパイオニア、エリザベス・アーデンが以前所有し、当時は老朽化した状態でした。

ミルズ財団は275万ドルを寄付で集め、ADAの規格に準拠してリノベーションすることができました。

この素晴らしい家はオープンして初めての夏に56の軍人家族を招きました。今日では、トラビス・ミルズ財団はフェイスブックやトラビス・ミルズのウェブサイトでこの家でのイベントを定期的に更新しています。

この家を利用した退役軍人の一人は「この場所は俺に元気をくれて、俺みたいな退役軍人に生きがいをくれたんだよ」と言う。

関連記事(外部サイト)