交通事故にあった子犬に寄り添うおまわりさんの写真がネットで話題に

2018年12月にフロリダ州オセオラ郡の警察官ジョシュ・フィオレッリがインターネットで一躍話題になったのは、彼の仕事から想像する類、つまり道端でホームレスを助けたとか犯人を捕まえたとか防犯カメラで不正がばれたといった理由からではなかった。

自分の犬と散歩に出ていたとある通行人が心温まる警察官の行動を世界に広めようとフィオレッリの写真を撮影したのだ。

オセオラ郡キシミーに住むカルロス・イジリーは、散歩の途中で芝生に座りこむフィオレッリを目撃した。フィオレッリは彼のセーターの下で横たわる白い犬をそっとなでながら、優しい言葉で子犬を励ましていたという。

のちに犬の飼い主はフィオレッリではなく、横たわっていたのは車にはねられた子犬であることがわかった。彼は犬の治療と保護施設を提供する動物管理官が到着するまで芝生に座って子犬に寄り添い続けた。

カルロス・イジリーはテレビ局の取材に対して「なかなかお目にかかれない光景ですよね。」と話した。

彼の行いが世間に広まっていると知ったフィオレッリはテレビ局の取材に「とても寒い日でした。子犬はぬれていて近くにはだれもいなかったので、自分が付き添ってあげようと思った。」と語った。フィオレッリは当時だれかに見られていたことに気づいてはいなかったが、彼がそれを知る前に全国の動物愛好家たちから彼の思いやりあふれる行動への賞賛の声が寄せられた。

あるFacebookユーザーは、「フィオレッリさんありがとう、あなたは優しくて親切なおまわりさんです。傷ついた動物に対してこんな思いやりある行動を取ることはだれにでもできることではありません。あなたは警察官の誇りでありお手本となるすばらしい人です。」とコメントした。

他にも「おまわりさんありがとう!あなたは最高です!」「子犬のヒーローになってくれてありがとう」といったコメントが寄せられてる。

「ほとんどの犬は怪我をしていると防衛本能が働きますが、彼女はそんなことはありませんでした。」とフィオレッリは言う。

子犬は首輪もマイクロチップもつけていないので飼い主を見つけるのは難しい、これはフィオレッリが自分に注目が集まっているこの機会を利用して多くの人に伝えたいことだ。マイクロチップさえあれば飼い主は大切な友達をより早く見つけ出すことができたし、事故で負った怪我への適切な治療をもっと早く受けられたはずだ。

飼い主がいてもいなくても、あの時子犬を安心させるためにはなんでもしていたとフィオレッリは語っている。

ソーシャルメディアによってフィオレッリの行動はすぐに話題となり、彼はどれだけの人が自分の行動に感謝しているかを知ることとなった。彼の言葉通りフィオレッリがしたできる限りの行動が子犬を救ったのだ。

「動物たちと過ごすひとときは人間にとってはほんの一瞬かもしれないが、私たち人間は彼らの人生のすべてなんだ。」フィオレッリは人間が犬たちにとってどれだけ重要な存在になり得るかを訴えた。

この親切なおまわりさんの行動をたたえようと、動物の倫理的扱いを求める人々の会(People for the Ethical Treatment of Animals:PETA)はオセオラ郡警察署に表彰状とおいしいビーガンクッキーを贈ったとオセオラ・ニュース・ガゼット紙は伝えている。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)