4つ子を妊娠している母親は胎児の一人が子宮で死にかけていることを知り、厳しい選択をする

4つ子を妊娠している母親は胎児の一人が子宮で死にかけていることを知り、厳しい選択をする

(Illustration - Shutterstock)

イヴァンナ・カルデナス-グティレズと夫デイビット・グティレズはイヴァンナが妊娠していると知ったときからこの驚くべき物語は始まります。医師が超音波検査を行ったところ、4つ子を妊娠していることが分かりました。

4つ子を妊娠する確率は80万分の1であり、イヴァンナは医師たちが冗談を言っていると思ったそうです。

しかし、妊娠期間の3分の2を経過したとき、うきうきした気持ちが真っ逆さまになりました。イヴァンナが定期検査に病院に行った際、医師に胎児のうち一人に十分な酸素が届いていないと告げられました。

両親たちは非常に難しい選択に迫られました。このままの状態で妊娠し続けたら胎児の一人は死ぬ、だったら全員を取り出すかという選択です。

他の三人の子を健全な妊娠期間で過ごさせるために1人の胎児を犠牲にするか、それとも全員をかなり危険な早産で出産するか。でも早産する場合、酸素不足の子はもちろん全員生き残れないかもしれません。

リスクにも関わらず、夫婦は4人の子全員に生き残るチャンスにかけたいと考えました。

帝王切開術で生まれた4人の赤ん坊はすぐさま新生児集中治療室に運ばれました。かなりの早産だったので、赤ん坊たちはとても小さく未発達の状態でした。

全員慎重を有する状態で、酸素不足だった子であるガブリエルは死の瀬戸際にいました。

新生児集中治療室のスタッフはガブリエルに別れの言葉を言うようにうながしました。しかし奇跡が起こりました。ガブリエルは呼吸をし始め、最終的に体重も増えていったのです。それだけでなく、他の子どもも全員回復したのです。

夫婦が赤ん坊の写真をソーシャルメディアでシェアすると、フォロワーから祈りの言葉や励ましが届きました。デビッドは多くの人の祈りのおかげで奇跡が起こったのだと言っています。

そして、4人の子どもは成長して、性格はみんな異なる子どもになりました。

イヴァンナは子どもたちの写真をシェアし続けており、早産の母親たちの希望や励みになればと思っています。

関連記事(外部サイト)