ピンク、かわいらしい娘と夢を持つ力について一緒に歌う映像必見!

ピンク、かわいらしい娘と夢を持つ力について一緒に歌う映像必見!

Getty Images , ROBYN BECK

これまで自分の信念を曲げたことのない、唯一無二の存在であるピンク。彼女のユニークなスタイルと歌声は世界中のファンの心を捉え、普段彼女の曲を聴かない人からも称賛されています。大スター歌手でありつつ一母親でもある彼女は、自分の子供に夢を追って欲しいといいます。8歳の娘と2歳の息子は彼女にとって全ての中心。ツアーとレコーディングで多忙な中、子供のために時間を見つけるようにしています。

ピンクが自分の子供に献身的である素敵なエピソードを1つ。数年前、当時6歳だった娘のウィローちゃんが登校中に「私は一番かわいくない女の子だって分かってるの」と言ったのでその理由を聞くと、「私、髪の長い男の子みたい」と答えたのです。強い母親として、また自信と自尊心の重要性を伝えようとする一女性として彼女は唖然とし、真の美について教えようと決心。デヴィッド・ボウイやジャニス・ジョプリンといったユニークなルックスを持つ偉大なミュージシャンのパワーポイントを作り、こう伝えました。「他の人に、男の子みたいだとか、たくさんの意見を持ち過ぎていると言われるかもしれない。でも自分自身は何も変わらないのよ。砂利と貝殻を拾い、真珠を作るの。」

娘の疑問を投げかける様に、彼女は自分の子供たちと一緒にピープル誌の「Beautiful People (美しい人々)」特集号の表紙を飾りました。その後映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックに親子で参加することに。「アニー」を聴いて育ったピンクにとってミュージカル映画の一曲を歌うことは特別なことでした。

収録ではピンクはずっと娘に付き添い、ウィローちゃんは母親がやる事なす事に「なぜ?」と問いかけながら一生懸命取り組みます。ピンクは最後に、「あなたが楽しそうなのと、一緒に歌えて嬉しいからよ。」と伝えます。彼女は監督に「娘と一緒にこういう機会が持てて...私たち親子の一番大好きな映画になったわ」と話しました。

この心温まる母娘の収録風景と、アートや創造性が外見よりも重要であることを伝える娘へのレッスンから彼女のスピリットが見て取れます。ウィローちゃんが歌う、「世界がどういうものになるか考える / 私の視点 / 数えきれない夢」。傍で見守っている母親の目をまっすぐに見ていた彼女は、明らかに大きく自由なスピリットを持っています。親子が、「数えきれない夢が世界を作っていく」と歌っているように、ウィローちゃんは自分の道を順調に進んでいます。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)