60年越しの高校卒業式 ベトナム老兵の夢実現に人々が動いた

60年越しの高校卒業式 ベトナム老兵の夢実現に人々が動いた

L: Photo courtesy of Martinsburg VA Medical Center, R: Illustration - Shutterstock

フロイド・ニムロッド・コビーは、わずか18歳のとき、高校の卒業証書をもらう前にベトナム戦争に徴兵されました。60年後、ウェスト・ヴァージニア州退役軍人管理局とアップシャー・カウントリー学校の助けで卒業証書をもらえることになりました。

多くの兵士は普通の生活を送ったり夢を追う機会を奪われました。自分の家に戻った後はコミュニティのサポートで、空白期間を埋めようとする者もいました。フロイド・コビーもその一人です。

フロイド・コビーは戦争で勇敢に戦い、怪我したものや戦死したものに送られるパープルハート章を授与されました。しかし、家に戻ってみると、彼に高校教育を終える機会は残されていませんでした。

コビーが言うには、卒業できなかったことで母親を落胆させたそうです。現在、コビーは健康上の理由でマーティンズバーグ VA メディカルセンターで生活しています。そこの職員に卒業できなかったという後悔を話すと、職員は彼を励まし夢を実現する手配をしました。

ほどなく、コビーに卒業証書授与の機会が訪れましたが、コビーは健康上の理由でメディカルセンターを離れることができず、式に出席できませんでした。

しかし、メディカルセンターはアップシャー・カウントリー学校と協力して、彼の卒業式をメディカルセンターで行いました。コビーはついに卒業証書を授与されたのです。

参列者は、同僚の退役軍人、コビーの弟、メディカルセンターの職員とわずかな人数でしたが、コビーにケーキを焼いて祝福しました。

78歳となったコビーは思い出すことがほとんどなくなっていた亡くなった母親のことを思い出しました。コビーは卒業証書は母親のためにもらうものだと分かっていたのです。

78歳のベトナム人の退役軍人の高校卒業式で、失われた時間を取り戻すのに遅すぎることはないということが分かったのです。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)