ドイツ外務省、中国の法輪功迫害を非難

ドイツ外務省、中国の法輪功迫害を非難

ドイツ外務省は7月20日、同省ホームページに公告を掲載し、中国共産党の法輪功に対する迫害を非難した(同省ホームページ)

ドイツ外務省は7月20日、同省ホームページに公告を掲載し、中国共産党の法輪功に対する迫害を非難した。1999年7月20日、中国共産党による法輪功学習者への迫害は始まった。

公告は人権政策部と人道主義援助担当者・バーベルコフラー氏がドイツ政府を代表して発表したもの。

「20年来、中国共産党は座禅などを通じて、精神の修養に取り組む法輪功学習者に対して、極めて残酷に扱ってきた。法輪功学習者はひどい迫害に遭い、法的手続きを経ずに拘禁されている。学習者は拷問を受け、拘禁中に死亡した事例が多く報告されている。法輪功が迫害を受けて20年経過したが、学習者は中国で依然として危険な境遇に置かれていることを憂慮している」と公告で述べられている。

同氏は中国共産党政権に対して、「国際法と中国の法律に基づいて法輪功学習者を含む全ての国民の人権を守るように」と求めた。さらに中国は「長年問題視されてきた、法輪功学習者からの臓器収奪問題」に態度を表明すべきだと述べた。

「中国共産党政権はドナーの出所の透明性を高め、留置所や拘置所を自由に出入りできる第三者による調査を保証しなければならない」と注文をつけた。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)