男性は妻を、驚くべき理由により20年無視し続けた

男性は妻を、驚くべき理由により20年無視し続けた

Shutterstock

あなたは気難しいだろうか?パートナーに拒絶されたと感じたことで、数時間〜1日ほど話すことをやめたりするだろうか?ある男性は、妻と20年間会話をしなかった。

不可能のように思えるが、事実である。奈良県に住む夫婦、片山茂三さんとその妻由美さんは一緒に住んでいたにも関わらず、20年会話をしなかった。

コミュニケーションは奇妙な唸り声かうなずきだけであった。それは3人の子供の内の1人が何とかしようと決めるまで続いた。

過去18年間、息子の佳樹さんは父親が母親に話しかけるのを見たことがなかった。そこで佳樹さんは有名な北海道のテレビ番組に、両親の問題を解決するのを助けてほしいと手紙を書いた。

「父は母に話しかけませんが、母は父にいつも話かけていました」と佳樹さんはTVで述べた。

夫婦の緊張状態を緩和するため、TV番組は夫妻に初デートをした場所である公園へ出かけるよう手配した。心配そうな3人の子供は離れた場所から彼らをこっそりと観察した。

ベンチに腰掛けると、ついに茂三さんが妻に話しかけた。「どういう訳か最後に会話してからずいぶん経ってしまったね。あなたは子供をかわいがってくれ、多くの困難を乗り越えてくれた。私がすべてを感謝していることを知ってもらいたい。」

片山さんは妻が子供にばかり注意を向けるため、ほったらかされてすねてしまったと告白した。

後ろで子供たちは笑いこけた。父は母にいつかまた話せるようになるだろうと述べた。

夫婦は20年間の沈黙を保ったことはとても残念である。しかし単に茂三さんの嫉妬だけだったのだろうか?真相はよくわからない。けれど由美さんだけが夫の冷たい態度に苦しんだわけではないことは明らかである。茂三さん自身も、自分の感情に苦しんだのだ。

自分自身の行動を長期間に渡り嫌だと感じているのならば、その悪習慣を克服するために第三者に気持ちを打ち明けるのが賢明だ。長期の不調和の状態でいるのは良くない。ましてや20年間は長すぎである。

ゆみさんの寛容さが無視する期間を長引かせてしまった。残りの人生は、この夫婦はもっといい関係で過ごしてくれることを望む。

もしゆみさんと同様に状況に置かれたとしたら、あなたは違う対処法を取るだろうか?

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)