米軍、太平洋で中国船員を救出 緊急信号を受けて

米軍、太平洋で中国船員を救出 緊急信号を受けて

米軍、太平洋で中国船員を救出した。写真は救助訓練中の米兵(c7f.navy.mil)

米国の太平洋艦隊である第7艦隊によると、8月6日、米海軍グアム基地から出発したヘリコプターは、中国船籍から送られた救助信号に応じて、重病を患った中国人船員1人を救助した。

米第7艦隊の広報部門は、非常要請の信号を受けて、米海軍基地フィリップ・プレジンガー指揮官の指揮のもと、グアムから直ちに救助隊員を現場に派遣した。

プレジンジャー指揮官によると、この日は波風が強かったが、無事に重病の船員をヘリコプターに搭乗させることができたという。飛行中、この船員は輸血を受け、容体が安定したという。船員は後に、グアムの病院に移送された。

この緊急救助作戦は、グアムの米海軍が今年行った18回目の行動で、16回成功させたという。

(翻訳編集・佐渡道世)

関連記事(外部サイト)