中国とロシアの軍事協力がアメリカの安全保障を脅かす

中国とロシアの軍事協力がアメリカの安全保障を脅かす

中国の052D型ミサイル駆逐艦「合肥」は、2017年7月27日にサンクトペテルブルクに到着し、ロシアの海軍軍事パレードに参加した(Olga Maltseva / AFP / Getty Images)

中国とロシアが正式な軍事同盟を結び、アメリカとその同盟国に対抗する事はないだろうと考える専門家もいる。しかし、この二つの核保有国は現在、積極的にさらに深く広範囲な軍事協力を行っていて、二国合わせた能力はアメリカの安全保障をますます脅かすものとなっている。

中国とロシアは過去一年以内に陸軍、海軍、そして空軍の共同訓練を行った。これらの訓練は比較的、小規模のものだが、これから先、より洗練された複合訓練を行うための準備となるだろう。

7月23日、ロシア空軍のツポレフTu-95巡航ミサイル爆撃機2機、そして中国軍空軍(PLAAF)のH-6K巡航ミサイル爆撃機2機が日本海上空で合同訓練を行った。韓国の戦闘機がこれに反応し、竹島上空を飛行していたTu-95に警告弾を発射した。

Tu-95は通常、射程距離3000kmから4000kmのKh-101/102対地攻撃型巡航ミサイル(LACM)8基を搭載している。これに対してH-6Kは射程距離2000kmのCJ-20対地攻撃型巡航ミサイル6基を搭載している。両方のミサイルとも核弾頭を搭載でき、両方の爆撃機は超音速対艦ミサイルと精密誘導爆弾を搭載可能だ。

これらの爆撃機をサポートしているのは2機の空中警戒管制機(AWACS)で、ロシア製のベリエフA-50とPLAAF KJ-2000だ。両方ともロシアのイリューシンIl−76MD輸送機に基づいて作られている。

空中警戒管制機のおかげで、爆撃隊は陸や海のターゲットを自ら見つけ出す訓練が可能になる。そしてロシアと中国の宇宙や地上にあるセンサーから得られたターゲットデータが空中警戒管制機と爆撃機に共有されたと推測される。

この小さな軍事訓練が作り上げた空中の「ネットワーク」は、これからの軍事訓練では大きくなり、さらに多くの爆撃機、戦闘機、戦艦や潜水艇も含んだより大きなバトルフォーメーションが実現されるだろう。

海軍設立70周年のパレードに続き、4月29日から5月4日にかけて、中国海軍(PLAN)とロシア海軍は「Joint Sea 2019」を行い、初めての合同の地対空ミサイルの実弾発射と、複雑な対潜戦(ASW)の訓練を行った。

ロシアは大きなスラヴァ級ミサイル巡洋艦ヴァリャークを送り込んだ。ヴァリャークは射程距離550km、核弾頭搭載可能なP-500対艦ミサイル16基を搭載し、さらに対潜戦駆逐艦2隻、そしてキロ級の通常潜水艦一艦も含まれている。中国海軍は旧型の052タイプの駆逐艦ハルビン、より新型の054Aタイプのフリゲート艦、そして039タイプの通常潜水艦を送り込んだ。

2018年9月11日から18日にかけて、中国の陸軍(PLAGF)は旅団サイズの兵士をロシアに送り込み、大規模な「Vostok-18」合同訓練に参加した。

中国陸軍が送り込んだのは3200人の兵士、900の戦闘服、大砲、そしてサポート設備と、30機の航空機である。これに対してロシアは30万人の兵士、36000台の戦闘車、そして1000機の航空機を投入した。これはこれまでに中国が外国に送った陸軍の中で最大規模であり、これにより人民解放軍陸軍は、もっとも必要としているロシアの現代的な大規模複合兵器作戦の経験が得られた。

2016年から2017年にかけて、中国とロシアは「戦略軍」訓練を行い、司令部レベルでのミサイル防衛訓練を行った。2018年にはミサイル防衛が行われたとの情報はなかった。

中国とロシアのミサイル迎撃機が発射される事はなかったが、訓練の中にはミサイル検知および迎撃の司令手順が含まれていたと推測される。1960年代から、ロシアは対弾道ミサイル防衛ネットワークを維持してきた。人民解放軍は現在、高度開発段階にある。

ミサイル防衛訓練を行う中国とロシアは、同時にミサイル攻撃で協力することもあり得るため、注意が必要だ。ロシアは約1500基の核弾頭を配置しており、中国の核弾頭の配置数は知られていないが、ロシアの核弾頭の数に近づいている可能性がある。

潜在的な危険性として、中国とロシアが核兵器を共同のターゲットに使い、アメリカがヨーロッパと台湾などのアジアの同盟国を防衛する能力に影響を及ぼしかねないことが挙げられる。

現在は初期段階だが、ロシアと中国の軍事協力は急速に発展し、さらに複雑化、巨大化し、軍事訓練がより頻繁に行われるようになり、両国ともさらに世界を脅かす強力な存在になる恐れがある。

ロシアは歴史的に中国が強大になるのを恐れていたが、プーチン政権は軍事協力を増加させ、中国からの大規模な商品や技術の購入によって、ロシア経済を補強させる狙いかも知れない。

しかし中国は、台湾への侵略や世界の民主国を抑制する上で、ロシアにはに軍事的パートナーとしてもっと活発に活動してほしいと思っている。ロシアの爆撃機、戦闘機、潜水艦、そして対潜能力を借りれば、中国軍は日本の自衛隊を抑え、さらには日本にあるアメリカ軍基地をも攻撃できるかも知れない。

Breaking Defenseのサイトによる7月18日のインタビューで、米海軍のインド太平洋の司令官であるフィリップ・デービッドソン大将は、6月にロシアの爆撃機2機が台湾上空を旋回したと伝えた。

ロシアのような他国との軍事協力を増加させることにより、中国は世界規模の軍事ネットワークを設立し、2049年までにグローバル戦略覇権を握る計画をさらに推進させることとなるかも知れない。

中国とロシアの軍事協力の増加に対抗するためには、アメリカは軍力と軍事技術面における優位性を保ち、同盟国と友好国が十分な兵器を所有し、円滑に協力できる体制を保たなければならない。ロシアと中国の脅威を抑えるため、アメリカ軍は新しい戦略的核兵器が至急に必要だ。

さらに、中国とロシアの合同の脅威を抑えられるように、前線に位置する友好国である台湾や日本を十分な兵器で武装させることを躊躇してはならない。台湾が要求していたF-16戦闘機は何年も前に承諾されるべきだった。そして台湾と日本は、トランプ政権が必死に開発に取り組んでいる超音速ミサイルと防衛的エネルギー兵器が必要となるかも知れない。

執筆者

リック・フィッシャー:メリーランド州ポトマックにある国際評価および戦略センターの上級研究員

※この記事は執筆者の見解を示すもので、必ずしも本サイトの立場を反映したわけではありません。ご了承ください。

元記事は大紀元英字版に掲載されています。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)