一流シェフが教える!パスタの茹で汁活用方法

一流シェフが教える!パスタの茹で汁活用方法

(Illustration - Shutterstock)

パスタは老若男女に関わらず、誰からも人気のある食べ物です。作るのも簡単で、材料費もそんなにかかりません。しかし、自宅で作るパスタがレストランで食べるような食感、味、香りを引き出せないのはなぜでしょうか?

アメリカで有名なシェフや料理記者に言わせると、その違いは「茹で汁」の使い方だそう。
基本的な作り方としては、沸騰した水にパスタを入れ、説明書き通りの分数で茹でる。その後、茹で上がったパスタをざるに移して、水を切る。また、手順のいい人であれば、この間にパスタソースを仕上げておき、茹で上がったパスタを絡めてお皿に盛り付ける、というのが一般的な方法ではないでしょうか。

しかしこの作り方では、ソースとパスタが充分に混ざりあっていなかったり、少し水っぽく仕上がってしまったりと、レストランクオリティーにはまだまだ達しません。では実際にどんな手順を踏めばいいのか、真のパスタ作りをご紹介します。

おいしいパスタを作るために、わざわざ高いパスタを買う必要はありません。まずはお湯を沸かす時に「塩」を少量入れること。そして一番重要なポイントは、茹で上がった時に、茹で汁を決して捨てないことです。実はこの茹で汁が、レストランで食べるような、あの芳醇なソースの香りや味の奥深さを作り上げるのです。

グルメ雑誌Bon Appetitの編集長であるアダム・ラポポートさんによると、パスタとソースを別々で仕上げるのはタブーなんだとか。まずはパスタをアルデンテに仕上げ、同時に、オリーブオイルとニンニクを炒めているフライパンに、アルデンテのパスタを投入します。その後、スプーンで茹で汁を加えながら混ぜ、ソースを入れて仕上げます。またチーズを入れるのが好きな人は、この調理中に追加しましょう。

次の調理器具を準備しておくと、おいしいパスタを作ることができます。
1、パスタを茹でられる大きさの鍋
2、ステンレス製で歯のついたパスタトング
3、1の鍋にフィットするザル

以上が、おいしいパスタを作る上で大切なルールと調理器具です。これであなたもレストランの味を再現できることでしょう。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)