スマホの電力を30%節約する6つのテクニック

スマホの電力を30%節約する6つのテクニック

rawpixelによるPixabayからの画像

スマートフォンは現代人に利便性をもたらしましたが、多くの電力を必要とします。多くの人々は午前中にスマートフォンをフル充電しますが、午後にはバッテリー不足を心配し始めます。今回、スマートフォンのバッテリーを心配する必要がないように、電力を節約する6つの主なテクニックを紹介します。

スマートフォンの画面はすべてのコンポーネントの中で最も消費電力が大きいため、画面の明るさを減らすことがバッテリーの消費を減らす最も簡単な方法です。1時間のテストで最も暗い画面のiPhone 6は、最も明るい電話よりも54%多くの電力を節約します。Androidのテストでは30%の電力を節約しました。

しかし、明るい環境で薄暗い画面を使用することは不快であるため、自動輝度調節モードに設定することをお勧めします。

最も電力を消費する画面は、当然のことながら明るさに加えて、時間も関連してきます。通常15秒で「オートロック」することを推奨します。

気象、地図、カメラなどの多くのアプリケーションでGPSを使用して現在地を追跡すると、より多くの電力が消費されます。GPSトラッキング機能をオフにするか、必要に応じてオンにすれば電力を節約できます。

電力を節約するために、AppleとGoogleでは特にプッシュ通知を無効にすることを推奨します。これらの通知を受信するには、通知を送信したサーバーから通信する必要があります。各通知によって数秒間スリープ状態から復帰し、画面が点灯し、応答するためのメッセージが表示されます。

テストによると、1時間以内に数十件の通知を受信しても、バッテリーの使用に大きな影響はありません。しかし、毎日大量のプッシュ通知を受け取ると、蓄積された電力はかなりのものになります。

オンラインストリーミングは音楽を聴く最も一般的な方法ですが、この方法も多くの電力を消費します。テストによると、Wi-Fiモードでは、ストリーミングを使用して2時間音楽を聴くと、iPhoneのバッテリーの10%が使用され、同じ状況でダウンロードした方法だとわずか5%しか使用されません。実際、多くの音楽アプリでは、電気を節約するためにスマートフォンに曲をダウンロードすることができます。

複数の電子メールアカウントを持ち、多くの電子メールを送受信すると、バッテリーの寿命に大きな影響を与えます。スマートフォンはプッシュ技術を使用してメールボックスを自動的に更新します。メールを受信すると、携帯電話に新しい情報がすぐに表示されます。メールがたくさんある場合、携帯電話は多くの電力を消費します。

たとえば、1時間に20〜30件の電子メールを受信する3つの電子メールアカウントを持つiPhoneのテストを行いました。プッシュをオンにすると、毎日バッテリーの5〜10%が消費されます。電力を節約するために、ほとんどの携帯電話は30分ごとの定期的なチェック(または「取得」)を設定したり、手動で更新したりすることができます。

一般的に言えば、信号の良好なWi-Fi環境では、消費電力を低減し、伝送距離が短く、電力が低く、一般的な速度が携帯電話ネットワークより速いため、送信電力を節約することができます。優れたWi-Fi環境をお持ちの場合は、Wi-Fiを使用してインターネットにアクセスできます。

しかし、Wi-Fiやセルラーネットワークが十分にカバーされていない場所では、携帯電話の電力消費は特に大きくなります。なぜなら、携帯電話は常に信号を検出するために電力を使用するからです。信号が特に弱い場合は、節電のために携帯電話の無線ネットワーク機能をオフにすることができます。機内モードを使用すると、すべてのワイヤレス接続をシャットダウンできます。これは、ネットワークを切断する最も便利なソリューションです。

※看中国から転載

関連記事(外部サイト)