薬の代わりにレモン水 治療可能な13の問題

薬の代わりにレモン水 治療可能な13の問題

Lemon water helps many health issues including acne (New Africa/Shutterstock)

現代医学は人類に大きく貢献したが、単純な症状にさえも薬に依存するようになってしまった。しかしながら代替治療となり得る自然治療が多く存在する。薬よりも健康的であり副作用が生じない。

レモンは副作用のない代替医療となり得る自然療法である。

例えば、レモン水は健康状態の改善に寄与する。自然治療の可能性については聞いたことがあるかと思うが、どのように症状を改善するのかご存知だろうか?薬の代わりにレモン水1杯で治療可能な13の健康問題について紹介する。

冬が到来し、風邪とインフルエンザが流行り始めたら、レモン水は薬なしで気分を良好にしてくれる事を助ける。免疫システムを改善することで身体にエネルギーを与えるのだ。

消化器系の症状には様々な原因があるが、主に消化過程における不十分な胃酸に関連する。レモン水はクエン酸を含み、胃酸の分泌を促進する。そのため消化器系の問題のほとんどはレモン水1杯で治療できる。

関節痛は高齢者に良く見られる症状だが、若者にも一定数存在する。レモン水は、蓄積すると関節痛の原因となる尿酸を希釈するのを助ける。

腎結石は多くの不快な症状を引き起こし、痛みを伴う。治療法は存在するが、レモン水を飲むことでしばしば対処できる。レモンにはクエン酸が含まれ、カルシウムの堆積を抑制する。クエン酸は小さな石を砕くのを助けることもできるため、レモン水1杯を毎日飲むことで、腎結石を予防および除去できる。

胆石、炎症、胆泥など胆嚢痛を引き起こす原因は様々である。重い食事を食べたとき、胆嚢痛を経験するかもしれない。胆汁を希釈することで、胆石は溶解する。レモンは胆汁産生を促進し、胆汁を希釈し、胆石の溶解を助けることが証明されている。

多くの人が体重を減らすのに苦労しているが、レモン水の服用は体重を減らす可能性を高める簡単な方法の1つである。レモン水は満腹感を促進し、水分調整をサポートし、新陳代謝を高め、体重減少を促進する。レモン水を含む十分な水分を摂取し、身体の水分を良好な状態に保つと、鼓腸、腫脹、体重増加などの症状を引き起こす可能性がある水貯留が減少する。

食中毒は、頻発する一般的な症状である。レモンには抗炎症、抗ウイルス、および抗菌作用があり、痛みを和らげ、感染と戦うのを助ける。レモンに含まれる酸は、食中毒の原因となる細菌を殺すのにも役立つ。治療として、もしくは緊急介入として利用することができる。

レモン水は血液を浄化し、血管を柔らかくして血圧を下げる。 1日レモン1個を摂取すると高血圧を10%減少できることがわかっている。

呑酸は胃腸系の障害である。レモン水は酸性だが、少量の水と混ぜると消化時はアルカリ化効果を有し、胃酸の中和を助ける。呑酸の完治には長期間かかるかもしれないが、コップ1杯のレモン水を飲むと安心感が得られる。

にきびは、多くの人に発現する皮膚疾患である。毛穴が皮脂や死んだ皮膚細胞で詰まると現れる。また、体内の高い酸性度とも関連している。レモン水にはアルカリ化効果があり、にきびの軽減に役立つ。

線維筋痛症は、広範囲の筋骨格痛、それに続く疲労、睡眠、気分変動などを伴う障害である。遺伝性が高いが、感染や身体的または感情的な外傷によって引き起こされる可能性がある。治療は、医療とセルフケアが推奨され、コップ1杯のレモン水で症状の改善が可能である。理学療法と組み合わせるとさらに効果的である。

免疫バランスが崩れていると、病気や感染症にかかりやすくなる。栄養不足など様々な要因により免疫系の不均衡をもたらされる。ビタミンCを豊富に含むことでレモン水は免疫機構を高める作用を有する。また、肝臓を刺激して毒素を放出し、体をよりバランスの取れた状態に保つ。

通常、炎症は身体が問題に対応する反応である。最初の反応が効果的な場合もあるが、炎症はしばしば痛みを伴い、ガンのような深刻な問題にも関連する。炎症をケアする簡単な方法の1つは、強力な抗炎症作用を有するレモン水を飲むことである。

レモンは、他の多くの健康問題にも効果を発揮する。コップ1杯のレモン水を毎日摂取すると、健康が改善し、幸せな毎日を送ることができる。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)