緊急事態の機内で「世界ナンバーワンのハンサムな医者」が登場

緊急事態の機内で「世界ナンバーワンのハンサムな医者」が登場

Ryan McGuire / Pixabay

飛行機が大西洋上空を飛んでいるとき、乗客が突然アナフィラキシーショックを発症しました。しかし機内には救急薬がありません。乗組員は急いで乗客に医療スタッフがいるかどうか尋ねました。 このとき、「世界ナンバーワンのハンサムな医者」であるマイク博士が登場しました。

ミハイル・ヴァルシャフスキーはマイク博士と呼ばれ親しまれているアメリカの家庭医師です。 2015年、彼は米国の「ピープルマガジン」誌から「世界ナンバーワンのハンサムな医師」に選ばれ、ネットで人気を博しました。 事故の日、彼はアメリカのラジオ局「アメリカの声」とともに、ニューヨークからイスラエルのテルアビブに飛んでいました。

フォックスニュースによると、飛行機が離陸してから2時間後に、アトランタ出身の26歳のマット・ファラコが緊急アナフィラキシーショックを発症しました。

「飛行機では何も食べていませんでしたが、手が腫れているのに気づきました」ファラコは言っています。「乗務員に体調が悪いと言いました。乗組員が飛行機に医者がいるかどうか尋ねると、マイク博士がやってきたんです」

当時、ファラコは自分の喉が引き締まり始めるのを感じ、アナフィラキシーショックを発症したと感じました。
「状況は非常に緊急です。飛行機は海の上空を飛んでいて、乗客は命の危険にさらされています」とマイク博士はインタビューの中で述べました。「しかし、飛行機にはエピペンはありませんでした」

エピペンは、重度のアレルギー反応の緊急治療用のアドレナリン自動注射器です。 しかし当時、飛行機には医療キットのアドレナリン注射しかなく、このアドレナリンは心臓停止の治療に使用されていました。使用する薬剤投与量がまったく異なっていて、注射針は太く、過剰注射は心臓の問題を引き起こす可能性があり、致命的でさえあります。

飛行機でのこのアドレナリンを使用して、用量を再調整し、注入する方法を見つける必要があります。 ただし、飛行機上のアドレナリンが効果的でない場合は、ファラコの気管を手術することになります。 マイク博士は、患者の状態に基づいて投与量を再計算し、投与量を手動で制御しました。「私は脚に注射することを選びました。この種の太い針は注射するときに非常に痛いのですが、これが最適な選択です」

しばらくして、ファラコの喉の筋肉がリラックスし、気管が開き、彼は通常の呼吸に戻りました。
ファラコは、「マイクさんはいつも私と一緒にいて、私の体調を観察しました。本当に感謝しているとしか言えません。彼は本当に私の命を救いました!」と言いました。

飛行機がイスラエルに到着した後に、マイク博士は300万人のファンを持っているIGページに、写真を共有することも忘れていませんでした。それは児童心臓病医療機関「子どもの心を救う」で受益者の子供たちとの写真でした。

2日後、彼とファラコはエルサレムで再会しました。

アナフィラキシーは、全身的な重度のアレルギー反応です。 患者は舌や喉の腫れ、血圧の急激な低下、呼吸困難などの症状を示す場合があります。 時間内に急いで処理されない場合、致命的なリスクがあります。 虫刺され、食物、薬物、ラテックスなどの要因は、致命的なアレルギー反応を引き起こす可能性があります。 ファラコは、最近イナゴによる咬傷のために突然アレルギーになりました。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)