睡眠中の減量に役立つ10種類のドリンク

睡眠中の減量に役立つ10種類のドリンク

(Illustration - Shutterstock)

ダイエットは困難な挑戦だと思っていませんか。運動を習慣にしたり食事を変えたりするのは難しいからとダイエットを断念していませんか。もし、もっと簡単に減量できる方法があるならやってみたいと思いませんか。ここで比較的シンプルで簡単なダイエット法をお教えしましょう。それは、寝る前に健康ドリンクを飲むことです。これから10種類の脂肪燃焼ドリンクを紹介します。ぜひ試してみてください。夢を見ている間に、ウエストがキュッと引き締まっているかもしれませんよ。

ジンジャーは、消化の促進と炎症の治療に使われることで有名です。食事に加えたりお茶にしたりするなど、非常に用途の広い植物です。減量プログラムにジンジャーティーを加えると、お腹の脂肪を燃やすのにこのドリンクがどれほど強力か驚くことでしょう。ジンジャーティーは、コレステロール沈着物を分解することで血管を広げる手助けをします。血流が改善された結果、体の平均温度が上がり、より多くの脂肪を燃焼できるようになります。ジンジャーティーは、結腸を塞ぐ老廃物を除去することで腸の洗浄剤としても働き、体がより効率的に体重を減らすのに役立ちます。寝る前にジンジャーティーを飲むと、満腹感も得られ、深夜の空腹から解放されるでしょう。

パイナップルは、トロピカルフルーツ特有の多くの健康上の利点を持っています。繊維が豊富でパイナップルジュースを飲むことで適切な量の繊維を得ることができます。これにより、消化器系が落ち着くだけでなく、排便が改善され、食べた物をより効率的にエネルギーに変えることができます。パイナップルジュースには、血管内の余分なコレステロールを自然に減らす特性もあります。さらに、鉄も含まれており、これは鉄欠乏による疲労や不眠症に対処する人々にとっても効果的でしょう。

研究では、カモミールティーが不眠症に効果的であることがわかっています。カモミールティーには抗酸化物質が豊富に含まれており、体内で生成されるフリーラジカルを除去し、体から毒素や過剰な水分を排出します。これは余分な体重を減らすだけでなく、腹部膨満を防ぐ効果もあります。カモミールティーはまた、胃腺を刺激してより多くの胃液を放出します。つまり、食べるものがより迅速かつ完全に分解され、代謝とエネルギーの両方が増加してくれるのです。

何世紀もの間、アロエベラは火傷や傷を和らげる薬効があるとして使用されてきました。糖分や脂肪の分解を助け、消化をスムーズに保つ酵素が含まれています。また、ビタミンBが豊富で、貯蔵された脂肪をエネルギーに変換し、減量を助けます。アロエベラジュースには、アロエベラの葉の中の透明なゲル状物質から得られる無色の液状ジュースと、アロエベラ植物の葉全体から作られたねばねばした濃厚ジュースの2種類があります。透明なジュースは食料品店で見つけることができますが、通常、全葉ジュースは健康食品店で栄養補助食品として販売されています。

ワインを飲むことの健康上の利点を聞いたことがあるかもしれません。ぶどうジュースにもほぼ同じメリットがあることをご存知ですか?ぶどうには抗酸化物質が豊富に含まれており、コレステロールの酸化を防ぎ、血液がより自在に流れるように助けてくれます。ぶどうに含まれる抗酸化物質の量は、ぶどうの種類、産地、加工方法によって異なりますが、暗赤色と紫色のぶどうは、白または緑色のものよりも抗酸化物質が多い傾向があります。ぶどうジュースは、心臓発作につながる血栓を発症するリスクを低下させる作用もあります。赤ワインでも同様な効果が期待できますが、ぶどうジュースを飲むことでアルコールを消費することなくメリットを取り入れることができます。

タンポポは厄介な雑草と思われることもあるかもしれませんが、世界のいくつかの地域では、歴史的にお茶の葉として使用されていました。タンポポの根には、解毒と減量に役立つ栄養素が豊富に含まれています。韓国の研究によると、タンポポは減量薬であるオルリスタットと同様の効果を持つ可能性があるそうです。タンポポ茶を飲むと、毒素、過剰な塩、砂糖、脂肪が体から排出されます。鉄の自然貯蔵庫であるタンポポは、鉄欠乏症と戦う人の理想的な飲み物でもあります。

グレープフルーツダイエットは、実は1930年代から行われています。このダイエットは科学的研究に裏打ちされたものではありませんが、グレープフルーツジュースには、より健康的な体重を促進する特性があります。コップ1杯のグレープフルーツジュースは、エネルギーを脂肪として蓄積するように体に伝えるホルモンであるインスリンの管理に非常に役立ちます。これはまた、血糖値を抑制し、メタボリックシンドロームを防ぐのにも役立ちます。

文字通り何千年もの間、緑茶は、精神的健康の改善から消化の改善まで幅広い効能のために飲まれてきました。また、特に就寝前に飲むことで代謝を早める効果もあります。 1999年の研究によると、緑茶は代謝性脂肪燃焼を最大40%増加させる可能性があるとされてきましたが、最近の研究では、ノルエピネフリンなどの脂肪燃焼ホルモンを促進する効果もあることが示唆されています。

砂糖入りのソーダやスポーツ飲料をキュウリジュースに置き換えるだけで、水分をより効率的に補うだけでなく、カロリー摂取量も削減されます。キュウリジュース1杯には16カロリーしか含まれておらず、これは1日の必要量の1パーセントにも達しません。また、減量のもう1つの鍵は十分な水分補給ですが、1杯のキュウリジュースの水の量は純水とほぼ同じなので、減量にとっても理想的な飲み物です。

多くの人が牛乳の代わりに豆乳を飲むことを始めています。消化器系の問題を抱えている人にとっては、豆乳がその問題を解決してくれるでしょう。その他には、たんぱく質やカルシウムの良い供給源だからなど、多くの健康上の理由で豆乳が選ばれているようです。牛乳もこれらを提供しますが、余分な飽和脂肪とコレステロールも含んでいるので、ダイエットをする人や高血圧やコレステロール値が高い人にはあまり向いていません。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)