式後の交通事故で新婚夫婦死亡

式後の交通事故で新婚夫婦死亡

A stock photo of a wedding (Marc A. Sporys /Unsplash)

8月23日、テキサスで新婚夫婦が式直後に交通事故に遭い死亡した。

19歳のハーレー・モーガンと20歳のリアノン・ボドーはテキサス州のオレンジ郡の高速道路を走行中にトレーラーとトラクターをけん引する小型トラックに衝突した。

この事故は結婚の誓いを立てた、たった数分後のことであった。新郎の姉妹と母親はその事故を目撃したという。

衝突で二人は亡くなり、トラックの運転手は無傷であった。

モーガンの母のケニアは二人を助けようと車から彼らを引きずり出した。
「私は自分の息子が死ぬのを見た」と彼女は言った。「車から二人を引きずり出そうとしたから私の服にまだ息子の血がついてるの」

二人はクリスマス頃に結婚しようと計画を立てていたのだが、どうやら正式な結婚の予約を待ちきれなかったようだ。「私は最悪の悪夢を目撃した」ケニアは言った。「一生私の脳裏から離れない。忘れない。決してどこかへ行ってしまうことはない。私はそのトラックが私の息子に衝突して殺したことを毎晩思い出すわ」

トラックの運転手の過失は特定されず、彼は調査に協力したと警察は発表した。調査では過失の証拠となるようなものは見つからなかった。薬物やアルコールのテストは保留中とのことである。

現時点でこの事故に関する詳細は公表されていない。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)