投資の『一番お得な』勉強方法は:ネット記事と読書

投資の『一番お得な』勉強方法は:ネット記事と読書

Free-Photos / Pixabay

株を実際に始めることのメリットは相場の変動を実際に体験できることです。これはとても貴重な経験だが、勉強せずに学べることにも限界があります。

ネット記事を読んだら何年間の下積みの時間を節約し、ミスも減らせます。投資を始めることは思ったほど難しくありません。まず次の四つの単語が分かれば大丈夫です。
年間収益率とは?
株とは?
日経指数とは?
ETFとは?

『本を買うのは安い』ということは周知の事実ですが、『本を読むのは高い』ことには多くの人は気づいていません。

1500円を出せば専門家が一生かけてまとめた経験談を買えますが、しかし50000円を私に払っても一冊の本も書けません。どう考えても本を買うことはとても安いです。本がこんなに安いというのなら、たくさん読めば読むほど得をします。

しかし注意して欲しいことは、本を読むことはとても高いということです。一冊の本を読むのに20時間かかるとして、その本が傑作じゃなければ他のことをした方が有意義な時間になります。(最低賃金を1000円とすると、読書に費やした20時間は20000円を自分に投資したのと同じ意味です。)

本は慎重に選び、読むときには時間をかけすぎないことが大事です。投資は精確な科学ではなく、芸術に近いものなので関連本がとても多くあります。

まずは速読するのがオススメです。

『金持ち父さん貧乏父さん』は初心者にオススメする本です。様々な投資手段、経済と相場の専門用語、商売をしたことない人にはわからない非常に大事な概念『現金流』、『財務自由』などが書かれています。

Owen Chen

※本記事の内容は、必ずしも当社の見解を表すものではなく、内容、正確性については一切の責任を負わないものとします。

関連記事(外部サイト)