中国の生鮮食品のリスクを知っていますか?

中国の生鮮食品のリスクを知っていますか?

(Illustration - Shutterstock)

中国の大気汚染は有名で、濃い煙で太陽光が届くのが妨げられ、太陽エネルギーを利用した発電の効率が悪くなっている都市もあります。大気の汚染とともに水や土壌の汚染も進んでいます。

グローバリゼーションの影響で、野菜、果物、農産物がより遠くに運ばれています。実際、ある地域で有名な産物、例えばイタリアのトマトはコストを抑えるために中国からの輸入が増えてきており、消費者にはその事実が知られていないこともしばしばです。

アメリカの消費者は中国の汚染された食品や危険な添加物に関するスキャンダルをよく聞くものです。例として、偽造ミルクや消費期限の切れた肉をパッケージし直し、新鮮なものと称して売っており、これらの話は中国で何が起こっているかを表しています。

中国の多くの地域で下水道が整っておらず、野菜は糞便汚染にさらされている可能性があります。さらに、危険な化学物質や工場からの流出物といった工業汚染水が川に流れこんでいることも言われています。

つまり、野菜は毒物を含んだ水で育てられているということです。

このような危険性から、アメリカ合衆国農務省が果物、野菜、肉、魚の輸入を拒否したのは当然のことです。

汚染の危険性があるため、中国の食品を避けているというなら、有機栽培のものはどうでしょうか? 少なくとも理論的には、有機栽培の生産物は農薬や人工肥料を使ってはならないはずです。

重要なことなのですが、有機栽培の認定は国によって異なり、緩さや厳しさも異なります。実際、アメリカと中国の認定は異なります。

ですので、野菜や果物を調理する場合はよく洗い汚染物質を流すことが大事です。

特に、皮が汚染物質を浴びていることが多く、また汚染物質がたまっていることが多いのでその部分を取り除くだけでなく、手やピーラーもよく洗い汚染を防ぐことが大事です。

そしてこれが一番重要なことなのですが、川、湖、海で汚染されている可能性が特に高いので、中国の水産物は避けた方がいいでしょう。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)