生徒の鉛筆に書かれたメッセージ 先生がFacebookに投稿

生徒の鉛筆に書かれたメッセージ 先生がFacebookに投稿

(Illustration - Shutterstock)

子供が学校でやる気になるにはどうすればいいでしょうか?

テキサス州の母親が、息子のやる気を保つ、とても優しい方法を考案しました。このうまく心をなごませる方法は、ボーモントの小学校教師、アマンダ・コックスが見つけました。

10月のある日、コックスは授業中に、鉛筆が足りないことに気づき、全員に余った鉛筆を共有するように言ったのです。しかし、1人の少年が、母親がくれた鉛筆を学校で預かってもらえるかコックスに尋ね、もちろん、と言いました、とコックスはSNSに書きました。

その後、少年はクラスメートも使えるように、数本預かってくれるように頼んだのです。コックスは特に考えず、鉛筆を受け取りましたが、鉛筆を削っていた時にやる気が起こるメッセージを見つけました。「その時、生徒の母親が書いたことが分かったのです」とコックスは書いています。

好奇心から、残りを見せてもらえないかと尋ね、少年もOKしました。コックスは21本すべての鉛筆のメッセージを読んで、心がなごみました。お母さんはこう書いたのです。

「あなたはすばらしい」
「決してあきらめないこと」
「毎日あなたを誇りに思っています」
「愛しています」
「夢を追うこと」
「あなたは世界を変えるでしょう」
さらに励みになる多数のメッセージもありました。


「お母さんのおかげで、自尊心に気づき、クラスメートと同じ気持ちを共有したかったのです」とコックスは書いています。少年のお母さんは数分でメッセージを書いたようですが、このメッセージで「学校が一日中明るくなりました」。

コックスは、他の親や教師に、忙しい時や偽善的だと思っても、「誰かが自分たちのことを信じて誇りに思っている」ことを子供たちに知ってもらうように勧めました。「自分たちが大事な存在で、才能があり、愛され、知識があること、などを思い出したときの子供たちの表情を想像してください」と彼女は書きました。

「こうしたことを伝え、思い出させるのはあなただけかもしれません。そして、子供たちは全員自分の価値を知る必要があるので、私は教えているのです」

子供の自尊心を高め、元気にさせる簡単な方法にコックスは賛同しました。この話と一緒に、コックスが少年のユニークな鉛筆の写真を投稿すると、拡散し、39万件以上のコメントがありました。ネットではこの素敵なアイデアが称賛され、「マザー・オブ・ザ・イヤーだね」というコメントもありました。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)