立ち退きを迫られ苦悩する母、9歳の娘が救う

立ち退きを迫られ苦悩する母、9歳の娘が救う

(Illustration - Shutterstock)

アリエル・コルテスは、屈託のない普通の9歳の少女であったが、家賃、請求書、および立ち退き請求に苦しんでいた。

苦労人である彼女の母親、ナタリー・コルテスは、娘の痛みに気づくも、それを和らげる力がないと感じていた。収入を得るための最善の努力をしていたが、家賃を滞納していた。そして突如、3年間住んだアパートからの立ち退きを迫られた。


YouTubeのFox5に投稿された動画で、コルテスのストーリーを見ることができる。苦労する母親と賢く愛情のある娘とのストーリーは、間違いなくあなたに感動をもたらすであろう。

ナタリーはシングルマザーである。親切な管理人に家賃納入の延長を交渉したが、借金は徐々に増加していった。

アパートの管理人は、Fox5に、家賃滞納の際は、立ち退きを強制しなければいけないと説明した。「もう一度チャンスを与えようとしています」と説明した。

しかし、ナタリーは家賃を支払い続けることができなかった。不安を隠すことができず、9歳のアリエルはパニックに陥り始めた。「母は荷造りと荷解きを繰り返していました」と、アリエルは後に告白し、涙を流した。「ちょっと恐ろしかったです」


「どこにも行くところがないのではないかと心配しました」

家を失わずにすむよう、アリエルはFox5に手紙を書いた。手紙は「こんにちは、私はアリエル、9歳です」という言葉から始まった。「私の母は、とても頑張っています」と続いた。「母に多くの負担をかけたくありません」

母親には内緒で、アリエルは祖母であるイリマの助けを借り、手紙を書き、郵送した。

アリエルは手紙の中で「助けてください。母の状態がよくなるよう、家賃を補助してほしい」と嘆願した。手紙を受け取ったFox5は、自らがすべきことを瞬時に察した。

カメラを片手に、重要な任務を担ったFox5がコルトス家を訪れた。ナタリーに娘の行動を伝えると、ナタリーは安心し、感謝して涙を流した。

さらにFox5は、コルテス家のために2か月分の家賃を肩代わりすること、アリエルの新学期に必要な用品全てに対応するバウチャーを贈ることを伝えた。

またアリエルが所属するボーイズ&ガールズクラブのグループリーダーと話をし、メンバーシップに関する料金を不要とした。

「娘が行動を起こさなければ、私は恐らく生きていないでしょう。娘は私のヒーローです」とナタリーは述べた。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)