米司法省、スパイ容疑で中国出身の観光ガイドを起訴 犯行現場の様子も公開

米司法省、スパイ容疑で中国出身の観光ガイドを起訴 犯行現場の様子も公開

米司法省は9月30日の記者会見で、中国情報機関の外国代理人を不法に務めたとして、中国出身米国籍の男性1人を起訴したと発表(Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

米司法省は9月30日の記者会見で、中国国家安全省(MSS)に米の国家機密情報を渡した疑いで、中国出身で現在米国籍の男を起訴したと発表した。司法省は、男と米の2重スパイが情報取引を行う現場の様子の写った動画を公開した。

起訴状によると、男(56)は観光ガイド業を営む彭学華(Xuehua Peng 音訳、英語名 Edward Peng)で、カリフォルニア州在住。MSS幹部の指示の下で、男はデッド・ドロップ(Dead Drop、スパイ工作で、協力者との間で顔を合わさず情報を受け渡す方法)を通じて、米側のスパイに数千ドルの現金を支払い、米国の国家安全機密を収集し、中国当局に渡した。

司法省は、彭が2015年6月から2018年7月まで、少なくとも6回のデッド・ドロップを、サンフランシスコ市やジョージア州コロンバス市のホテルの部屋で実施したとした。1回目は、金銭も情報の取引もなかった「予行演習」だ。毎回、彭は米の2重スパイが部屋に残した情報の入ったSDカードを受け取った後、速やかに北京に渡ったという。

司法省は、連邦捜査局(FBI)が撮影した彭のデッド・ドロップ現場の様子を公表した。FBIはまた、彭のMSSの連絡員との通話記録も入手した。

起訴状は、MSSの連絡員が彭に対して、SDカードを受け取るための具体的な時間や場所、金額、中国に帰国する期日などの指示を暗号化してから、伝えていたとした。

彭は2001年に商用B-1ビザで米国に入国し、06年元妻との婚姻で永住権を、また、12年9月に米国籍を取得した。

米捜査当局は9月27日、カリフォルニア州ヘイワード市で彭を、不法にMSSの外国代理人を務めた容疑で逮捕した。

司法省のジョン・デマーズ司法次官補(国家安全保障担当)は、彭が米国内で「数えきれないほどデッド・ドロップを行った」とした。「中国側の工作員が米国に入国しなくても、情報収集できたことを意味している」

デマーズ氏によると、司法省が最近検挙した中国人スパイの大半は国家安全保障と知的財産権に関わる。「米国における中国のスパイ活動は非常に深刻な脅威となっている。米国はこれを阻止しなければならない」

FBI防諜部門担当のジョン・ブラウン氏によると、FBIと司法省は、現在米国で違法な外国代理人を務める人物への取り締まりを強化している。彭の逮捕は「中国当局への警告だ」とブラウン氏は述べた。「われわれは、国家の安全を守るために、あらゆる方法ですべての敵対の外国情報機関を打破していく」と同氏は強い口調で述べた。

(翻訳編集・張哲)

関連記事(外部サイト)