有名な科学者はわれわれが死ぬことはないと語る それでは「死は幻想」なのか?

有名な科学者はわれわれが死ぬことはないと語る それでは「死は幻想」なのか?

(Illustration - Shutterstock)

愛する人を失ったときそれは真実のように思われるが、彼らが実は死んでいないとしたらどうだろうか?ある有名な科学者は、身体的な死は生涯の終わりにはほど遠いと考えている。一方で、臨死体験をした有名な脳神経外科医は「死後の世界」があると確信している。そしていま、科学界にもこの考えが広まっているのだ。死とは単なる幻想なのだろうか?

2014年に米TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれたロバート・ランザ博士は、死は幻想であり現実ではないと考えている。

彼によれば、死によって身体が崩壊したとしても、われわれは20ワットのエネルギーとして存在し続けているのだという。ランザ博士は「個々の身体は壊れる運命にありますが、生きている感覚、つまり『自分はだれか?』という感覚は脳内で作動する20ワットのエネルギーの泉にすぎないのです」と語った。

このエネルギーは死後に消滅すると主張する人もいるだろう。しかしランザ博士は、自身の主張を裏付けるためにエネルギー保存の普遍原理を強調している。彼は「しかしこのエネルギーは死んでも消えません。科学における最も確かな原則の1つは、エネルギーは決して死なないということです。創造することも消滅させることもできないのです」

「生物中心主義」として知られる新しい科学理論が「多元的宇宙」と「複数の世界」という概念を詳しく説明している。これは並行宇宙の概念とよく似たものだ。ランザ博士は「宇宙は無限の数だけ存在し、起こりうるであろうすべてのことはいずれかの宇宙で発生します。これらのシナリオにおいては、死はいかなる意味でも存在しません」と述べた。

これは臨死体験が現実であることを意味し、「自分はだれか」という意識、または「魂」の存在を説明できるということだろうか?次にアメリカの有名な脳神経外科医の臨死体験(NDE)について見てみよう。

エベン・アレグザンダー医師は、脳神経外科医として25年のキャリアを持ち、ブリガム・アンド・ウイメンズ病院やハーバード大学メディカル・スクールでの勤務経験もある。2008年のある晩、彼は激しい頭痛で目を覚まし、その後倒れた。数時間のうちに、いたって健康だった脳神経外科医は死の淵に立たされた。

家族が彼を病院に連れて行ったときにはすでに昏睡状態だった。 診断書によれば、彼は重度の細菌性髄膜炎を引き起こしていた。医師は彼の妻に、いかなる脳活動も確認できず生存は難しいかもしれないと伝えた。しかし、アレグザンダー医師はすでに「別世界」に入っており、他の医療専門家らと同様に「幻覚」や「幻想」だと決めつけていた現象を直に体験したのである。

アレグザンダー医師は暗く形のない場所を歩いていたと言う。彼はテレビ局の取材に対して、「私は光の旋律によってあの世界から救われたのです。それは私に近づいてきて現実世界への裂け目を開いてくれました」と語った。

彼はまた、見たことのない青色の目をした女性と一緒に空を飛んでおり、彼女が彼を「光り輝く新しい世界」へ導いてくれたのだと語った。彼女が彼に話しかけることはなかったが、目を合わせた瞬間に彼女の意識が彼に語りかけてきたという。彼女は『あなたは愛されています。そして大事に思われています。あなたは間違ったことはできません』と言ったんです」と彼は語った。

それから7日後に彼は昏睡状態から目を覚ました。

彼は数週間で驚くべき回復を見せた。養子として育てられた彼は、その後血の繋がった両親に会い、会ったことがない実の妹がいること、彼女が36歳で亡くなったことを知らされた。彼女の写真を見ると、その人は彼が「別世界」で出会った女性と同一人物だった。

昏睡状態で薬を投与されているときにそのような幻想や幻覚を経験することは「当たり前のこと」だと言う人もいる。しかしアレグザンダー医師は、彼の場合、細菌性髄膜炎が視覚、思考、想像、そして夢を見る能力を司る領域を含む脳全体に感染していたのだと主張した。彼はこれらの見解を自著『プルーフ・オブ・ヘブン』に記した。

この脳神経外科医は、「科学を超える」何かを理解するために、彼の「科学的な考え」を手放したようにも見える。しかしこれは1つの例にすぎない。無数の人々が自身の臨死体験を報告している。信じる人も信じない人もいるだろうが、現在の科学の範疇をはるかに超える出来事があるということは確かだ。そうした謎の多くは、次の100年ほどで解決されることだろう。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)