幼少期を素晴らしいものにする7つのもの

幼少期を素晴らしいものにする7つのもの

(Tyler Nix/Unsplash)

幼少期というものはかけがえのない時期です。その大切な時期に必要なものは、実はお金や学歴などではなく、もっとシンプルなものなのです。

子供を一人の人間として尊重し、愛することが、これからの人生を生きていく子供たちのしっかりとした基礎となります。

自分たちの良いところを伸ばしてあげ、人生には苦楽があること、純粋な心を大切にすることなど色々なことを子供たちに教えてあげるといいでしょう。

この「愛」というのが、実は最も簡単で、最も難しいものです。
純粋に心から子供たちを愛してあげてください。

祖先から受け継がれている伝統は子供にとって、安心感を与えるものです。自分がその家族の一員であるという所属意識ができるからです。誕生日などの特別な日を一緒に祝えるのも家族がいるからです。

お正月やお花見など行事の時に歌う歌をみんなで歌ったり、その家に代々受け継がれてきた料理を食べたりというのも大切です。そういった伝統は、家族の温かさに触れられる大切なものなのです。

子供にとって遊ぶことが仕事です。子供には精一杯、遊ばせてあげてください。子供の頃に思いきり遊んだ経験があるからこそ、大人になっても色々な余暇を楽しめるのです。

また、ボールやブロックといったシンプルなおもちゃを選びましょう。子供を一人にさせ、シンプルなおもちゃで遊ばせることで、子供の創造性が育ち自分で工夫をするようになります。遊びを通して子供たちは大切なことを学び、創造性を高めます。

家の雰囲気は大事です。家がきれいに片付いているか、家族の仲はいいかどうか、どんな音楽が流れていて、どんなテレビを観るか…。家の環境が子供の心の安定や、成長につながります。

家族や親せきとのつながりが、年長者を思いやる心、周りの人への思いやり、責任感を育みます。

今まで以上に色々な芸術に触れさせてあげてください。文学、映画、音楽、絵画など、質が高く、子供の心に訴えるものを選んでください。

何にでも興味を持ち知りたがる探求心は、子供が持つ素晴らしい性質の一つです。この探求心を持ち続けることが大切です。広い視野で世界を見ることは、子供がこれから先の人生を生きていく上で、とてもいい影響を与えます。

(大紀元日本ウェブ編集部)

関連記事(外部サイト)