日本の中国研究者団体、北大教授拘束の情報開示を求める緊急アピール

日本の中国研究者団体、北大教授拘束の情報開示を求める緊急アピール

日本の中国研究者団体、北大教授拘束の情報開示を求める緊急アピール(スクリーンショット)

日本の研究者団体は10月29日、中国政府に対して、9月に北海道大学の教授が北京を訪問して中国当局に拘束されたことについて、関連情報を開示するよう強く求める声明を発表した。

北海道新聞によると、中国近現代史を専門とする教授は9月3日、中国政府系シンクタンクである中国社会科学院近代史研究所の招聘に応じて北京を訪問。9月上旬に手配のホテルで拘束された。教授は、日本の防衛省、防衛研究所、外務省のシンクタンクに務めたことがある。

日本の中国研究者らからなる「新しい日中関係を考える研究者の会」(代表幹事 天児慧・早稲田大学名誉教授)は29日に緊急アピールを公式サイトで出した。40人あまりの会員が署名している。

声明は、拘束理由は不明のままで、その後の情報の開示もないことは「国際社会は到底受け入れられず、中国のイメージに大きく傷がつき、人々の不信感が増長することは避けられない」とした。

また、声明では、天皇陛下の即位礼のために来日した王岐山国家副主席と福田康夫元首相が会談し、学術交流を含む文化交流の促進で意見が一致したが、この北大教授の拘束により、「中国訪問をキャンセルしたり、交流事業を見直したりする動きが広がっており、既に日中間の学術交流には好ましからざる影響がたち現れている」と述べられた。

これに対して、中国外務省の耿爽副報道局長は31日の記者会見で「日本側が中国の法律を守るべき」と述べ、拘束を正当化した。また、研究者の会の声明について、耿氏は読んでいないと前置きした上で、「日本の学者たちは真相を知らないか、考え過ぎかもしれない」と曖昧な表現を使った。

日本の中国研究者たちは、「領事関係に関する日本国と中華人民共和国との間の協定」(日中領事協定)第8条に基づき、中国の関係当局が教授の逮捕拘留の理由を明らかにするよう求めている。

(編集・佐渡道世)

関連記事(外部サイト)