ベンツで紫禁城に乗り入れた女性に批判殺到、「特権の乱用」

ベンツで紫禁城に乗り入れた女性に批判殺到、「特権の乱用」

中国人ネットユーザー「露小宝LL」は1月17日、紫禁城内で撮った写真を投稿した(微博よりスクリーンショット)

中国ではこのほど、外国高級SUV車で北京の故宮博物院(紫禁城)に乗り入れた女性に批判が殺到した。女性は「夫の祖父」が共産党の長老と自称し、中国版ツイッターの「微博」でその贅沢な生活を度々披露していたことから、市民の特権階級への反発が高まっている。

1月17日午後、微博に、ユーザーの「「露小宝LL」」は、「月曜日の閉館日のうちに、人混みを避けて、故宮を楽しんできた」とのコメントを書き込み、写真4枚を付けた。写真には、紫禁城の太和門広場を背景に、2人の女性が黒いベンツ・G500とともに映っていた。また、ベンツG500には「京A80」から始まるナンバープレートがついている。このナンバーは国務院が管理する車に割り当てられているという。

女性の自己紹介欄には、「中国国際航空公司のキャビンアテンダント」と記されている。中国国際航空は声明を出し、女性は元客室乗務員で、2018年に退職したとした。

故宮博物院は数年前に、紫禁城内に自動車で入場するのを禁止したため、インターネット上では女性の行動を批判する声が高まった。

故宮博物院は17日夜、微博を通じて、謝罪声明を発表した。しかし、「「露小宝LL」」がどういう経緯で進入したのかについては言及しなかった。

香港親中派メディア「星島日報」は、「「露小宝LL」」は、中国共産党の長老で何長工氏(故人)の孫の妻だと報じた。何長工氏の息子は元国家観光局長の何光?氏だ。

この投稿に対して、18日以降中国共産党機関紙「人民日報」をはじめ、国内政府系メディアが次々と評論記事を掲載し、「特権」の乱用だと痛烈な批判を行っている。

中国紙「新京報」は、女性は北京市のオリンピック森林公園に近い高級住宅地の「豪邸」に住んでいると報道した。

国内メディアの「上游新聞」によると、女性は17日夜に微博の投稿をすべて削除した。報道は、「しかし、これまでのコメントをみると、彼女の『ラグジュアリーな消費力』がはっきりとわかる。彼女が過去に投稿した写真には外国高級車、ブランドバッグ、高級腕時計、高級化粧品、さらにプライベートジェット機も映っていた」とした。一部のユーザーは「赤い権貴階級」だとして、当局に対して「2020年第1弾の反腐敗運動を開始せよ」と呼び掛けた。

ネットユーザーの中には「ネット上で裕福さを自慢する人が多くいる」とし、中国政府系メディアが、世論操作のためにこの出来事を利用して意図的に過熱報道をしているとの見方もある。15日に米中両政府が調印した貿易交渉の第1段階合意について、国内では、中国側が大きく譲歩した「喪権辱国(国権を喪失させ国を辱めること)の合意だ」との非難の声がある。中国当局がこの感情を弱めさせ、米中通商協議から国民の目をそらすために、今回、大々的に取り上げた可能性がある。

(翻訳編集・張哲)

関連記事(外部サイト)