〈新型肺炎〉中国各地、道路を封鎖 「孤島化」の恐れも

〈新型肺炎〉中国各地、道路を封鎖 「孤島化」の恐れも

中国各地の都市や農村部では、地元当局が新型肺炎の感染拡大を防止するために、バリケードを設置して道路を封鎖した(ネット写真を大紀元が合成)

中国では、チベット自治区を除いたすべての省・市で新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が確認された。各地の都市や農村部では、地元当局が感染拡大を防止するために、バリケードを設置して、道路を封鎖した。市民は、物資の輸送に支障をきたすと不満を表した。

新型肺炎の急速な広がりに伴い、26日以降、北京市、天津市、上海市、河北省、山東省、河南省、西安市の政府は、他の省・市とをつなぐ長距離バスの運行停止を相次いで通達した。発生源の武漢市を含む湖北省では、ほぼ全域にあたる15の都市の政府が街を封鎖すると発令した。

インターネット上では、各地の道路封鎖の様子を撮った写真や動画が投稿された。湖北省に隣接する河南省、江西省などの住民と地方政府は、バリケードのほかに、土砂や石を堆積して、武漢市や湖北省をつなぐ道路を遮断した。

河南省孟州市の村民は大紀元の取材に対して、「1月26日から、私たちの村と他の村では住民の出入りが禁止された。村の幹部は各主要道路で見張っている」と述べた。

中国紙・新京報によれば、湖北省五峯県の村民は、地元の警察当局が主要道路に検問を敷いたと紹介した。同省茅坪鎮では、村と村の間の道も土石を堆積され通行できなくなったという。

海外ツイッターでは、道路の封鎖により武漢市民は「(市が)孤島になった」と訴え、各地や武漢市への医療や生活物資などがスムーズに運送できないとの不満の声がある。

(翻訳編集・張哲)

関連記事(外部サイト)