中国本土・広東省で住民と警察衝突 香港混乱飛び火か 関連書き込み次々削除

香港と隣接する中国広東省で住民と警察が衝突し約50人逮捕 ネット上で動画拡散も

記事まとめ

  • 中国広東省茂名(ぼうめい)市で、火葬場の建設に反対する地元住民と警官隊が衝突した
  • 住民は、広東省に隣接する香港での反政府デモのスローガンを叫んでいたという
  • 警官隊は催涙ガスを発射したり、警棒で住民を殴打し、約50人が逮捕された

中国本土・広東省で住民と警察衝突 香港混乱飛び火か 関連書き込み次々削除

中国本土・広東省で住民と警察衝突 香港混乱飛び火か 関連書き込み次々削除

中国本土・広東省で住民と警察衝突 香港混乱飛び火か 関連書き込み次々削除の画像

 【北京=西見由章】中国広東省茂名(ぼうめい)市で、火葬場の建設に反対する地元住民と警官隊が衝突、負傷者が出た。米政府系のラジオ自由アジア(RFA)などが1日までに伝えた。抗議活動に参加した住民らは、広東省に隣接する香港での反政府デモのスローガン「時代革命(革命の時代だ)」を叫んでいたという。

 中国当局は香港の混乱が本土に飛び火することを厳戒している。茂名での衝突は本土で一切報じられておらず、関連の書き込みなども次々と削除されている。

 茂名の公園予定地に火葬場が建設されることを知った住民ら数百人が28、29日の2日間にわたって街頭で抗議活動を展開。警官隊は催涙ガスを発射したり、警棒で住民を殴打したりして押さえ込み、約50人が逮捕された。高齢者や小学生も負傷したという。

 インターネット上には横倒しにされて破壊された警察車両や、催涙ガスを浴びてせき込む住民らを映した映像が拡散した。

関連記事(外部サイト)