【緯度経度】香港デモに仕組まれた罠 藤本欣也

 なぜ、立てこもってしまったのだろう?

 ずっと疑問だった。

 11月16日以降、若者らが占拠を続け、29日に開放された香港理工大のことだ。

 12日に警官隊と激しく衝突した後、構内に立てこもろうとはせず、16日未明までに撤収してしまった香港中文大とは対照的だった。

 6月に本格化した一連の抗議活動の合言葉は「BE WATER」(水になれ!)のはずである。1カ所にとどまらず、縦横無尽に、変幻自在に抗議活動を続けるという戦略だった。

 2014年の民主化運動「雨傘運動」では、79日間にわたり政府本部周辺の幹線道路を占拠し、市民の支持を失って失敗していた。

 中文大の場合、警察の突入が近いとの情報が流れた15日に、若者らが対応を協議している。香港紙、蘋果日報によると、「中文大は重要拠点だ」と“籠城”を唱える若者たちがいる一方、「雨傘運動の過ちを繰り返してはならない」「BE WATERであるべきだ」と主張する若者らがいた。3時間の協議を経て撤収が決まったという。

 「そうではない」と話す若者もいる。デモ参加者は「和理非(平和、理性、非暴力)派」と「勇武(武闘)派」に大別されるが、中文大の攻防戦に参加していたのは勇武派の若者たちだ。その1人は「仲間割れがひどかったんだ」と明かす。中文大の学生と、外部から来た若者との対立だ。

 「なぜ、大学構内のガラスを壊して回ったのか」「よそ者は俺たちの指示に従え」と迫る中文大の学生らに、外部の若者たちは「自分の大学なのだから、もっと前線で戦え」「なぜ、あれもするな、これもするなと注意するのか」と不満をぶつけた。結局、外部組に中文大で戦う意思がなくなったのだという。

 ある大学講師は別の見方をする。抗議活動を分析している彼によると、「若者らは中文大より理工大の方が戦略的価値が高いと考えた」。理工大の近くには、九竜半島と香港島を結ぶ海底トンネルの出入り口や、香港の主要駅、紅●(ホンハム)駅があるからだ。

 中文大を出た若者たちは理工大に集結し始め、海底トンネルの往来などを遮断する挙に出た。しかし−。

 「広大な山の斜面にある中文大より、市街地にある理工大の方が警察にとっては好都合だった」(大学講師)。つまり、大学を包囲しやすかったのだ。

 理工大の構内にいた若者も証言する。「警官隊と激しい衝突があった17日夜以降、警察に完全に封鎖され、気付いたら外に出られなくなっていた」「立てこもったのではなく、脱出できなかったんだ。まんまと警察の罠(わな)にはめられた…」

 警察側が、理工大に集結した勇武派の若者らを一網打尽にしようとしたのは間違いなさそうだ。結局、理工大とその周辺で1377人を拘束している。

 今後、抗議活動は失速していくのだろうか。

 24日の区議会選は民主派が圧勝したが、政府はその後、いかなる譲歩も拒否した。だが、譲歩すべきときだった。これまでそのタイミングを間違え、デモを激化させてきた経緯がある。

 そして今月1日、勇武派の代わりに和理非派が主導して、大規模デモが起きた。民意を無視された市民の怒りが根底にあった。

 反政府デモは、民主派の区議会選圧勝だけでなく、政府の判断ミスによっても息を吹き返したのである。

(編集局副編集長)

関連記事(外部サイト)