江沢民死去で思い出す1998年11月26日の宮中晩さん会 日本人が不快感を覚えた中国の非礼

江沢民死去で思い出す1998年11月26日の宮中晩さん会 日本人が不快感を覚えた中国の非礼

江沢民・元国家主席

 中国の江沢民・元国家主席が11月30日、上海市の病院で死去した。96歳だった。中国の国営通信社である新華社通信によると、死因は白血病と多臓器不全。時事通信は12月1日、「日中関係後退させた歴史観 愛国教育で反日デモ拡大 江沢民氏」の記事を配信した。

 ***

 記事は江氏の《対日強硬姿勢》を振り返ったもので、YAHOO!ニュースのトピックスにも転載された。該当部分を引用させていただく。

《江氏は98年8月、外交当局者を集めた会議で「日本に対しては歴史問題を永遠に言い続けなければならない」と指示》

《同年11月には国家主席として初の公式訪日で、「日本軍国主義は対外侵略拡張の誤った道を歩み、中国国民などに大きな災難をもたらした」と強い口調で歴史認識問題に言及した》

 時事通信は、江氏の歴史観はその後の中国政府の対日外交政策に影響を与え、《中国国民の反日感情を高め、2005年や12年に各地で吹き荒れた大規模な反日デモの下地になった》と指摘した。

 記事には《初の公式訪日》としか書かれていないが、江氏は1998年11月の訪日中、執拗に日本批判を繰り返した。26日に開かれた宮中晩餐会でも同じ内容のスピーチを断行し、日本国内ではかなりの異論が噴出した。

 改めて晩餐会の様子を振り返っておこう。産経新聞は同年11月27日、「宮中晩さん会 陛下、未来志向のお言葉 江主席なお過去言及」の記事を掲載した。


■“異様な違い”


 まずは天皇陛下(現在の上皇さま)の歓迎の挨拶から紹介する。産経新聞は《未来志向》と評した。

《貴国とわが国が今後とも互いに手を携えて直面する課題の解決に力を尽くし、地球環境の改善と人類の福祉のため、世界の平和のため貢献できる存在であり続けていくことを希望しております》

 一方の江氏は、以下のような具合だった。

《近代史上、日本軍国主義は対外侵略拡張の誤った道を歩み、中国人民とアジアの他の国々の人民に大きな災難をもたらし、日本人民も深くその害を受けました》

 江氏が離日した翌日の12月1日、産経新聞は社説で、この問題を取り上げた。「【主張】江沢民主席離日 後味の悪さは何だったのか」から引用させていただく。

《江主席は首脳会談や各界との会見をはじめ、宮中晩餐、早大講演、日本記者クラブでの記者会見など、ほとんどすべての場で「過去」に言及した。とりわけ、宮中晩餐では、天皇陛下が未来志向のお言葉を述べられたのに対し、「日本軍国主義は対外侵略拡張の誤った道を歩み…」などと発言、その異様な違いが浮き彫りになった》


■「中山服」騒動


 江氏の死去が報道されると、Twitterでも宮中晩餐会での“非礼”なスピーチを振り返る投稿が目立った。

 さらに興味深いことに、江氏が「中山服」と呼ばれる服装だったことが物議を醸したことを記憶していた方も多かったようだ。担当記者が言う。

「中山服は“中国革命の父”である孫文(1866~1925)が考案したと言われています。『人民服』と呼ばれることもあります。正装としても使える『中山装』、作業服として使われることの多い『人民服』と、細かく区分される場合もあるようです。いずれにしても、宮中晩餐会で中山服を身にまとった江氏と、燕尾服をお召しになった今の上皇さまが乾杯する写真が、大きく報道されました」

 江氏の服装に関するTwitterの投稿を具体的に見てみよう。

《天皇陛下との晩餐会で、事もあろうか中山服を着て現れ、「正しい歴史認識、正しい歴史認識」と連呼していたのは、未だに忘れられません》

《江沢民死去。宮中晩餐会という晴れがましい舞台で、パッツパツの人民服(中山服)を着て「歴史を反省しない日本」をこき下ろした無礼千万は、日中関係史の永遠の汚点として残ることでしょう》


■野中官房長官の反論


 一方、中山服は非礼には当たらないという投稿も散見される。

《いや、着ているのは中山服という正装です。孫文が来日した際に、学生服を見て作らせたそうです。スピーチは大変失礼でしたが》

《当時は「中山服」も正礼装にあたるものです。英語ではマオカラーと呼ばれたりして》

 週刊新潮は98年12月10日号に、「宮中晩餐会で江沢民主席の『中山服』は非礼か」という特集記事を掲載した。

 記事の内容については後で詳述するが、反響は大きかった。何しろ当時、官房長官を務めていた野中広務氏(1925~2018)が、定例の記者会見で記事の内容に反論したのだ。

 新聞各紙が報じたが、ここでは朝日新聞が同年12月4日に掲載した「『中国の正装、問題ない』 江沢民主席の中山服で野中官房長官」から該当部分を紹介しよう。

《「週刊新潮」が中国の江沢民国家主席が天皇主催の晩さん会で、孫文ゆかりの「中山服」を着用したことを「非礼」と報じたことについて「中山服は中国で正式な服装であり、儀礼上問題があるわけではない。報道はわが国の外交上、やや意図的に国論をゆがめるものだ」と反論した》


■弾圧と中山服の“関係”


 だが、週刊新潮の特集記事をよく読むと、短絡的に「中山服=非礼」と断じているわけではないことが分かる。中山服の秘められた“意味”を外務省幹部が読み解いたという内容なのだ。

 記事は、外務省幹部の《「なんだ、これは。まるで天安門事件の時の李鵬ではないか」》という激高から始まる。

《宮中晩餐会に「中山服」を着用して出席する──素人目には分からないこの何気ない行為に、実は大いなる意味が込められていることを中国問題にかかわる外務省幹部は一瞬にして理解したのである》

《ある外務省幹部がいう。「“天安門事件の時の李鵬”とは、あの民主化運動を弾圧した89年6月の天安門事件の時の李鵬首相のことを指しています。あの時、李鵬は民主化運動に同情的だった趙紫陽とは対照的に、鄧小平の指導の下、徹底的に学生たちを弾圧する側に回ります」》

《「ふだん李鵬は中山服嫌いで知られていたのに、軍を使って民主化運動を徹底弾圧した後、突如、黒い中山服を着て登場、威厳部隊を激励したんです。一時は警備兵に狙撃されたという情報さえ飛んでいた李鵬のその様子は中央電子台に映し出され、全世界が目撃した。つまり、中国の指導者にとって、中山服というのは、そういう厳しい姿勢を示すときに着用するものなんです。外務省内には、“よりによって宮中晩餐会に着てくるとは……”という声が期せずして上がりましたよ」》


■早大も“批判”した江氏


 要するに江氏は、宮中晩餐会でも歴史認識問題に厳しい姿勢を示すことをあらかじめ決めていた。そのため“強硬姿勢”のイメージが演出できる中山服を選んだ、ということなのだ。

 繰り返しになるが、外務省幹部は単純に中山服を着たから非礼と怒ったわけではない。スピーチが日中友好を訴える内容だったなら、服の受け止めも違っただろう。

 天皇陛下を前にしてのスピーチがどれほど“非礼”だったのかを指摘した部分も引用しておこう。

《「政治とは関係がない国民の象徴としての天皇陛下に招かれた席で、“過去にあなたたちはこんな過ちをしたんだ”などと言ってのけるのは非礼以外の何物でもありません。常識として、どこかの家に食事に招かれた時、お前の親父にこんな迷惑を俺は受けたんだ、と言ってのける人がどれだけいるでしょうか。宮中晩餐会は首脳会談などとは異なるものです。中山服で出てきて、そしてこの“非礼”ですから、正直、驚きましたよ」(日本政府の中国担当官)》

 当時の首相は小渕恵三氏(1937~2000)。週刊新潮の特集記事には、小渕氏の母校である早稲田大学から名誉博士号を送られる予定になっていたのだが、江氏が“早稲田大学は日本でナンバー1の大学ではない”という理由で断ったという興味深い記述もある。


■自民党も中国を批判


 本題に戻れば、大半の新聞社は野中氏の反論をそのまま伝えただけだった。しかし、週刊新潮の記事を精読した上で解説を書いた新聞社もあった。

 読売新聞は同年12月6日、「江主席、宮中晩さん会に中山服 文化の相違に留意を(解説)」との記事を掲載した。

 文中では、日本と中国の政府関係者が事前に協議を行い、中国では「燕尾服を着る習慣がない」ことを確認。「江氏は中山服を着用する」という線で調整を図ったという裏舞台を紹介し、次のように続けた。

《中山服に対する否定的見方が出る背景には、「中国国内で江主席が中山服を着るのは、中央軍事委員会主席として人民解放軍幹部に訓示する場面が多い」(日中関係筋)という軍事色の強いイメージが影響している。これを日本側が江主席発言とダブらせ、不快感を増幅した》

《中山服姿の江主席が天皇、皇后両陛下を前に「日本軍国主義は対外侵略拡張の誤った道を歩み」と指摘、「痛ましい歴史の教訓を永遠にくみ取らねばならない」と発言したことと重ねあわせ、三日の自民党外交関係合同部会では、対中批判が噴出した》


■覇権主義の原点


 現在、中国は台湾に対して“覇権主義”をむき出しにしている。週刊新潮の記事には、今の状況を予言したかのような記述がある。

《中国の軍部には2000年までに香港、マカオの次に台湾まで統一するという“統一時刻表”というものが存在します。軍部には根強い日本への反発が存在し、同時に台湾は最大の問題として残っている。江沢民がああいうパフォーマンスをやらざるを得なかったのは、彼ら軍部を意識してのことですよ》

デイリー新潮編集部

関連記事(外部サイト)