コロナ発生源に関するウソを必死にバラまく中国 必死の宣伝工作も無駄と言われる根拠

コロナ発生源に関するウソを必死にバラまく中国 必死の宣伝工作も無駄と言われる根拠

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所HPより)

 新型コロナウイルスの発生源を調査するため、世界保健機関(WHO)が率いる国際調査団が来年1月第1週に中国を訪れることが明らかになった(12月16日付ロイター)。調査団は12〜15人の専門家で構成され、6週間滞在する予定である。

 中国政府は昨年12月31日、湖北省武漢市で発生した新型肺炎の初めての症例をWHOに報告した。WHOはこれを受けて今年2月に中国へ調査団を派遣したが、発生源とされていた動物市場は調査できなかった。その後世界各国は新型ウイルスの発生源などについて調査するよう再三要請したことから、WHOは各国の専門家による大規模な現地調査を実施することを決定した。7月に先遣隊を中国入りさせたが、世界的流行の責任追及を避けたい中国政府の抵抗に遭ってこれまで実現してこなかった。

 その調査がついに実現するわけだが、その間に中国政府は周到に隠蔽工作を進めてきた。

 注目すべきは中国が「新型コロナウイルスの発生源は中国ではない」との宣伝活動を盛んに実施するようになっていることである。

 新型コロナウイルスは昨年末に武漢の動物市場で最初に確認されたとされているが、中国の国営メディアは「諸外国から輸入された冷凍食品により、新型コロナウイルスが中国に持ち込まれた」という主張を繰り返し報じている。容疑をかけられているのは、ドイツ産の豚、エクアドル産のエビ、ノルウェー産のサケなどである。

 一方、中国の研究者の中で「新型コロナウイルスの発生源はインドである」と主張する動きも出てきている。11月29日付サウスチャイナ・モーニング・ポストは、中国の研究者が国際学術誌「Molecular Phylogenetics and Evolution」に掲載した論文の概略を伝えているが、その内容は「新型コロナウイルスが武漢で発生する前に、豪州、バングラデシュ、ギリシャ、米国、ロシア、イタリア、インド、チェコの8カ国で既に存在していた。新型コロナウイルスは昨年の夏にインドで発生し、汚染された水を通じて動物から人間へと伝染した後、バングラデシュなどを経て武漢に流入した」というものである。

 たしかにイタリア国立がん研究所は11月中旬に「昨年10月にがん患者から採取したサンプルから、新型コロナウイルスが検出された」とする論文を発表しているし、米疾病予防管理センター(CDC)も11月下旬に「昨年末から今年初めまで米国赤十字が集めた献血7389件のうち106件から新型コロナウイルス感染の証拠を発見した」ことを明らかにしている。しかし、昨年9月にイタリアで新型コロナウイルスが存在していたとしても、必ずしもそこが起源だということにはならない。発生源とされたインドは、憤懣やるかたない思いではないだろうか。


■「武漢」の謎


 中国側の宣伝工作にもかかわらず、世界の専門家たちの「新型コロナウイルスの発生源は中国である」との確信は揺らいでいない。当初発生源とされていた武漢の動物市場ではなく、真の発生源を特定しつつあるようだ。

 新型コロナウイルスの発生源を調査中であるWHOのピーター・ベンエンバルク氏は、12月8日のNHKとのインタビューで「新型コロナウイルスと最も近いのは、2013年に中国雲南省のコウモリが生息する洞窟で発見されたウイルスである。新型コロナウイルスと近いウイルスが雲南省で発見されたことから、中国内で発生したとみるのが最も論理的である」と述べている。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで遺伝子学を研究するフランソワ・バルー氏も「新型コロナウイルスに最も近似するウイルス株が中国のコウモリを介して広がったという強力な科学的根拠があり、発生源は中国の可能性が最も高い」と主張している(11月29日付ロイター)。

 しかし、コウモリから即人間へとウイルスが伝染する可能性は低いとされており、中間宿主の役割を果たした動物は依然として明らかになっていない。

 雲南省のコウモリが発生源だとすれば、なぜ雲南省ではなく、湖北省の武漢で新型コロナウイルスの感染者が最初に発生したのだろうか。

 新型コロナウイルスが人為的に作られたことを示す証拠は見つかっていないものの、「新型コロナウイルスの流行について、コウモリ由来のコロナウイルスについて研究をしている武漢のウイルス研究所が関係している」と考えている研究者は少なくない。


■中国のウソ


 この謎を解くヒントを与えてくれるのは、森下竜一・大阪大学教授である。森下氏は現在、新型コロナワクチン開発に尽力しているが、著書の中で「武漢のウイルス研究所の石正麗氏のチームが中国中からコウモリ由来のコロナウイルスを集めていたのではないか」とした上で「彼らは、集めたコロナウイルスを動物に感染させて、病原性の高いものを探していたが、新型コロナウイルスを豚やウサギ、ネズミなどの動物では症状が出なかったことから、処理と称して実験動物の肉を市場に横流しして、それを誰かが食べたことが感染の第一歩だった可能性が高い」と述べている。

 前述のWHO調査団は、武漢のウイルス研究所にも訪れる予定であるが、「発生源が明らかになるまで数年かかる可能性がある」と指摘する専門家もいる(12月22日付日テレNEWS24)

「新型コロナウイルスの発生を隠蔽して世界に疫病をまき散らしたという認識が国際社会に広がれば、自らの執政の正当性が脅かされる」と恐れる中国共産党が、新型コロナウイルスの発生源に関するウソを必死にばらまこうとしている企みに対し、WHOの調査団が一刻も早く真実を明らかにしてくれることを祈るばかりである。

(参考文献)『どうする!?感染爆発!! 日本はワクチン戦略を確立せよ!』森下竜一他[著]ビジネス社

藤和彦
経済産業研究所上席研究員。経歴は1960年名古屋生まれ、1984年通商産業省(現・経済産業省)入省、2003年から内閣官房に出向(内閣情報調査室内閣情報分析官)、2016年より現職。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年12月25日 掲載

関連記事(外部サイト)