【台湾車両爆発】容疑者の遺書発見 「扁桃がんの治療続き、生きているのが嫌に」

記事まとめ

  • 台湾の電車内で起きた爆発事件で、55歳の容疑者の男が書いた遺書が発見された
  • 遺書には長年扁桃がんの治療が続き、生きているのが嫌になったと記されているという
  • 現地警察は、ほかに共犯者はおらず、単独犯と見ている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております