韓国で就職難がさらに深刻化・・・自国で働けない大卒生の多くが日本に渡る=中国メディア

韓国で就職難がさらに深刻化・・・自国で働けない大卒生の多くが日本に渡る=中国メディア

中国メディアは、「韓国経済の低迷により、大学新卒者の就職が厳しくなっている」とし、韓国企業が昨年1年間で創出した雇用の数が9万7000件と、2008年の世界金融危機以降で最も少ない状況だったと紹介した。(イメージ写真提供:123RF)

 中国メディア・東方網は14日、韓国の大学卒業者の就職状況がますます厳しくなっており、国内で職に着けない多くの若者が日本に流れているとする記事を掲載した。

 記事は、「韓国経済の低迷により、大学新卒者の就職が厳しくなっている」とし、韓国企業が昨年1年間で創出した雇用の数が9万7000件と、2008年の世界金融危機以降で最も少ない状況だったと紹介。韓国政府のデータによれば、今年3月時点で15歳から29歳の青年のうち4人に1人が仕事を見つけられないでいると伝えた。

 そのうえで、かつてないほど就職が厳しい状況の中で、多くの若者が韓国を脱出し、政府が進める海外就業促進計画「K−Moveプログラム」の利用を選択していると説明。計画は世界70カ国にまで拡大しており、昨年は5783人の新卒者が海外で就職し、その数は計画初年の2013年から3倍あまり増加したとしている。

 また、同計画を利用した海外就職者のうち3分の1が日本に赴いており、その背景として「日本では現在歴史的な働き手不足の状態にあり、失業率がこの26年間で最低水準である」という状況を挙げた。また、4分の1は米国で就職しており、米国もやはり失業率が今年4月にこの半世紀で最低レベルにまで下がるなど、働き手を求めている状況であると伝えた。

 記事はさらに、韓国の若者が小さいころから巨大なストレスやプレッシャーの中で生活しており「小学校から様々な塾に通わされ、同い年の中で抜きんでることが求められる。深夜まで勉強するのが当たり前になっているのだ」と紹介。ストレスの多い社会であることから自殺率が世界で2番目、アジアで1番目という高い水準になっているとした。

 政治面で日本に対して近年強硬的な姿勢を見せ続けている韓国だが、経済や人の移動、交流という点で日本は欠くべからざる存在になっていると言えそうだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)