韓国造船業の競争力は今なお高く・・・日本や中国を圧倒=中国メディア

韓国造船業の競争力は今なお高く・・・日本や中国を圧倒=中国メディア

中国メディアは、「韓国は進んだ造船技術によってLNG船や超大型船舶の分野で強みを持ち、競合相手である中国と日本を圧倒している」と主張した。(イメージ写真提供:123RF)

 日中韓の産業を比較すると、それぞれに秀でた分野を持っていることが分かる。中国メディアの今日頭条は19日、韓国の造船業は依然として高い競争力を持っていることを紹介する記事を掲載した。

 近年は中国の造船業も著しい成長を見せているが、記事は、韓国最大の鉄鋼メーカーであるポスコ傘下のポスコ経営研究院が「中韓両国の造船技術には今なお5.2年分の差があり、韓国がリードしている」と分析、発表したことを紹介し、「韓国は進んだ造船技術によってLNG船や超大型船舶の分野で強みを持ち、競合相手である中国と日本を圧倒している」と主張した。

 さらに、天然ガスの需要が増加していることに伴い、LNG船の需要も回復している状況において、「日中韓の造船業を比較すると韓国は競争で優位に立っている」と指摘し、2019年1ー3月までの韓国企業のLNG船の手持ち受注量は1100万GTに達し、全体の81%を占めたと指摘。これは現在の韓国造船業の好調ぶりを示していると強調した。

 また、VLCCタンカーや大型コンテナ船、超大型船舶においても、韓国は日中に比べて優位にあると主張。大型コンテナ船において韓国企業の手持ち受注量は全体の49%を占める1000万GTに達し、中国は24%、日本は27%に止まっているとしたほか、VLCCタンカーでは韓国企業の手持ち受注量は全体の62%に達し、中国は22%、日本は16%であることを、その根拠に挙げた。

 記事は、ポスコ経営研究院の見解として「韓国は造船の分野でこれまで積み上げた実績や経験、技術が発注した港運会社を大いに満足させてきた」と主張したほか、「韓国と中国の造船技術を比較すると今なお5.2年の差が存在しており、これが韓国造船業の好調ぶりにつながっている」という結論に達したと伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事(外部サイト)