検察に出頭の李元大統領、国民に謝罪 「本当に申し訳ない」

検察に出頭の李元大統領、国民に謝罪 「本当に申し訳ない」

出頭の李明博氏"申し訳ない"

検察に出頭の李元大統領、国民に謝罪 「本当に申し訳ない」

検察に出頭の李元大統領、国民に謝罪 「本当に申し訳ない」

韓国の李明博(イ・ミョンパク)元大統領が14日午前、ソウル中央地検に出頭。わいろ授受疑惑の被疑者として、検察聴取を受ける。

李元大統領はこの日午前9時14分ごろ、ソウル市内の自宅を出発。およそ9分後の午前9時23分ごろ、ソウル中央地検庁舎に到着した。緊張した表情で車両を降りた李元大統領は、準備していたA4用紙を広げて文章を読み始めた。

この場で李元大統領は「私はきょう、苦しい心情でこの場に立ちました」とし、「何より、民生経済が厳しく朝鮮半島を取り巻く安保環境が非常に緊迫した時期に、私と関連する出来事で国民の皆さんにご心配をおかけし、本当に申し訳なく思っております」と謝罪

また「私を信じ支持してくださった多くの方々と、これと関連して困難に直面した方々へ心より謝罪申し上げます」とし、深々と頭を下げた。

関連記事(外部サイト)