日韓、東京で安保対話3年ぶりに開催=北朝鮮の核問題などを議論

日韓、東京で安保対話3年ぶりに開催=北朝鮮の核問題などを議論

日韓、東京で安保対話3年ぶりに開催=北朝鮮の核問題などを議論(提供:news1)

韓国と日本が15日、東京・防衛省で第11回日韓安全保障対話(局長級2+2外交安保対話)を開催したと韓国外交部が明らかにした。

両国は2015年4月以降、約3年ぶりに開催された今回の会議で、北朝鮮の核問題を含む北東アジア安保環境、両国の国防・安保政策および協力の現況など相互関心事について幅広く、意見交換をおこなった。

韓国側は、南北首脳会談及び米朝首脳会談開催の合意など、最近の朝鮮半島情勢について説明し、日本側は韓国側の主導的な役割を評価した。

また、日本側は防衛・安保政策の推進方向と日米同盟の強化など、自国の防衛安保政策動向について説明し、韓国側は韓国の国防政策と米韓同盟発展の方向などを日本側に説明した。

韓国からは金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長と朴哲均(パク・チョルギュン)国際政策次長など、外交部や国防部関係官が、日本からは金杉憲治アジア大洋州局長と弓削州司・国際政策課長ら外務省及び防衛省関係官が出席した。

関連記事(外部サイト)