韓国外相、米議会訪れ朝鮮半島問題や米韓経済・通商などに関し意見交換

韓国外相、米議会訪れ朝鮮半島問題や米韓経済・通商などに関し意見交換

韓国外相、米議会訪れ朝鮮半島問題や米韓経済・通商などに関し意見交換

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は15日(現地時間)、米議会を訪問し、ポール・ライアン下院議長を面会、上・下院指導部との歓談会を開催し、最近の朝鮮半島情勢や米韓経済・通商および同盟原案など関心事項に関して意見交換した。韓国外交部が16日、明らかにした。

この席で康長官は対北朝鮮特使団の訪朝・訪米結果など、最近の朝鮮半島内の肯定的な状況変化に関して、評価を共有した。

また、朝鮮半島情勢の重要な分岐点となる南北・米朝首脳会談の開催成功を通して、朝鮮半島の非核化や恒久的平和定着を実現できるよう、米韓間は変わらず緊密に協力していくことを強調した。

関連記事(外部サイト)