米国、韓国特使団へ北抑留の米国人「釈放のための協議」を要求

米国、韓国特使団へ北抑留の米国人「釈放のための協議」を要求

米国、韓国特使団へ北抑留の米国人「釈放のための協議」を要求(提供:news1)

米国政府は、韓国政府の特使団が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談前、北朝鮮に抑留された米国人3人の釈放を提案することを韓国側へ要求していたことがわかった。

19日、複数メディアは米韓政府関係者の言葉を引用し、米国政府は韓国特使団が去る5日、金委員長と会談をおこなう前、△抑留された米国人3人の釈放△北朝鮮が拿捕した米国情報収拾艦プエブロ号の返還△米国遺体捜索の再開など3つの項目を協議することを韓国政府に要請した報じた。

なお、李英浩(リ・ヨンホ)北朝鮮外務相と17日に会談したスウェーデンのバルストロム外相が、抑留中の米国人3人の釈放などを要求したと推測されているが、これに対して北朝鮮側がどのような回答をしたかは明かされていない。

関連記事(外部サイト)