韓国外相、EU理事会に初出席=北朝鮮の核解決支持・強力を要請

韓国外相、EU理事会に初出席=北朝鮮の核解決支持・強力を要請

韓国外相、EU理事会に初出席=北朝鮮の核解決支持・強力を要請(提供:news1)

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は欧州連合(EU)の招待で19日(現地時間)ベルギー・ブリュッセルで開かれたEU外相理事会の会合に出席し、最近の朝鮮半島情勢評価や今後の対応方向模索に関してEU加盟国外相と協議をおこなった。

韓国外交長官としては初めての参加だ。 20日、外交部によると、この席は別途同席者無しで外交長官だけが参加、隔意のない意見交換を中心に自由におこなわれた。

康長官はこの席で、EU外交長官らを対象に最近の朝鮮半島情勢と南北関係進展状況について詳しく説明して、北朝鮮の核問題の平和的解決と朝鮮半島の恒久的平和体制構築に向けた韓国政府の努力に対して、EU側の持続的な支持と協力を要請した。

EU加盟国外相らは、平昌五輪とパラリンピックの成功的開催を祝って、五輪きっかけの対話モメンタムを生かし、最近の朝鮮半島の緊張緩和と南北、米朝首脳会談の合意をけん引した韓国政府の努力を高く評価した。

外交長官らは4月末、南北首脳会談と5月まで開催推進中の米朝首脳会談が南北関係発展と北朝鮮の核問題の平和的解決に向けた重大な転機になるものだという認識を共にして、今後も韓国‐EU間の戦略的な疎通と協力を引き続き強化していくことにした。

関連記事(外部サイト)