金正恩氏とみられる人物、中国指導部と3時間の会談=香港メディア

金正恩氏とみられる人物、中国指導部と3時間の会談=香港メディア

正恩氏 中国指導部と会談か

金正恩氏とみられる人物、中国指導部と3時間の会談=香港メディア

金正恩氏とみられる人物、中国指導部と3時間の会談=香港メディア

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とみられる人物が27日、中国・北京の人民大会堂で中国側の要人に会ったと、香港メディアが報道した。

香港の明報は「金正恩委員長とみられる人物が26日、北京に到着し、中国の指導者らと会談した」と伝えた。また、「北朝鮮の代表団は午後3時ごろ、人民大会堂に到着し、3時間ほど滞在した後、魚釣島国賓館に向かった」と付け加えた。

北京の消息筋は北朝鮮側の代表は金正恩委員長、あるいは妹の金与正(キム・ヨジョン)央委員会宣伝扇動部第1副部長の可能性が高いと伝えた。ただし、これまで公式確認はできていない。

だが、金正日(キム・ジョンイル)総書記ら最高級指導部が海外を訪問する際に利用した緑色の列車が北京に到着し、その後の警護面ですべて国賓級とされる護衛場面が映し出されたことで、北朝鮮の高官級代表が訪中した可能性は高いと見られている。

関連記事(外部サイト)