韓国芸術団の公演を観覧した金正恩氏、感想は「胸がいっぱい」

韓国芸術団の公演を観覧した金正恩氏、感想は「胸がいっぱい」

韓国芸術団の公演を観覧した金正恩氏、感想は「胸がいっぱい」

去る1日、平壌を訪れた韓国芸術団の公演を観覧した朝鮮労働党の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が、「感動で胸がいっぱい」との感想を残した。

この日の公演観覧には金委員長、李雪主(リ・ソルジュ)夫人、金委員長の実妹である金与正(キム・ヨジョン)労働党中央委員会第1副部長、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員会委員長、チェ・フィ党中央委員会副委員長、李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長、朴春男(パク・チュンナム)文化相らが出席した。

なお、北朝鮮メディアは金委員長が韓国芸術団と記念写真を撮影したことも紹介した。

一方、韓国側による北朝鮮での公演は、2007年11月に黄海道・正方山でおこなわれた伝統庶民演技団・安城(アンソン)男寺党の公演以降、11年ぶりだった。

関連記事(外部サイト)